ビジネスマナーの基本中の基本「行」を消して「御中」の宛名を書く場合の消し方

ビジネスマナーの基本中の基本「行」を消して「御中」の宛名を書く場合の消し方

書類のやり取りはビジネスでは欠かせません。書類の顔ともいえる封筒には様々な意味が込められていて時には、宛名書きのミスが相手側の怒りをかってしまうほどの失礼にあたる場合もあります。

 

個人という誰かに又は企業にあてた手紙なのかよく考えた上で封筒の宛名書き部分を注視しなければなりません。

相手が企業か個人かで違う書き添える言葉

特にビジネスの相手側から返信用封筒やはがきを託された場合、取引先が何かの参加の有無など回答を求めてられていることがあります。

 

送付先の相手が企業か、企業の中の個人名かで予め書かれた「行」の消した後に書き添える言葉は違ってきます。例えば企業にあてた手紙やハガキの場合、送り先が個人ではなく企業か企業の中の部署などでありその企業や団体の人であれば誰が開けても問題はないものに関しては「御中」を使います。

 

しかしこの「行」から「御中」へ訂正した意味を「丁寧語にかえただけ」と捉える人もいますがそれは間違いです。上記で述べた通り丁寧語に変換したのではなく、あくまでも企業やその企業内の部署などへ宛てるために訂正した言葉であることをきちんと理解した上で使い分けて下さい。

正しい訂正方法

訂正方法についても「宛」を二重線で消すことが訂正と理解され受け入れられています。例えば個人名の書かれた下に「行」と書かれているた場合、縦書き封筒の「行」を訂正するには「行」は縦に二重線で消します。

 

またもう一つの方法としてあげられるのは斜めに二重線で消すというものです。この訂正方法は右上から左下に向けて二重線をひきます。

 

これらの訂正方法は「宛」の消し方として使用されるマナーであるとともに、企業や部署へ向けた「御中」を使用する場合でも個人に向けた「様」を書くために使用する訂正方法としても使い方は一緒です。

 

決して修正ペンで消してしまったり、ペンで塗りつぶしたりしないで下さい。相手の捉え方によっては返信するこちら側が字を間違えてしまった、と思われる可能性も否めません。誤解を招かないためにも気をつけて欲しいです。

 

横書き封筒などに関しての「行」の消し方については、横に二重線をひくことで成立します。しかし「行」という漢字の形から二重線をひくと訂正されたかどうかわかりづらい場合もあるため、斜めに訂正することをおすすめします。縦書き同様「行」を右上から左斜め下方向へ二重線で消します。

 

縦書きや横書きの「行」の訂正線を綺麗にひかなければ相手に失礼ではないか、と心配になってしまいますが定規を使って訂正する方法もありますがそこまで細かく線をひかなくても、波打った線でなければ訂正線として成り立ちます。

「行」 の消し方

訂正線を引いた後、御中や様をどこに書くの

次に訂正線を引いた後どこに御中や様を書けばいいのでしょうか。

 

縦書き封筒の場合「行」を二重線で訂正したその真下か左横に書き加えます。ここで注意したいのがバランスです。あまりにも離れた場所に書いてしまっては不自然ですし、近すぎても訂正線を引いたことを気づかれず訂正していないと誤解をされてしまうこともあります。封筒を全体的に見たときに不自然に見えないか、バランスはとれているかよく見ることを忘れないで下さい。

 

横書き封筒の場合「行」などを訂正するには御中や様を右側に書きます。ここでも言えることですがあくまでもバランスがとれているかは重要です。あくまでも宛て書きの長さや封筒全体の文字のバランスを見た時に不自然にならないようにすることが重要です。

 

縦書き封筒や横書き封筒の訂正マナーを頭に置きつつ、バランスが悪ければ臨機応変に対応して下さい。本来なら縦書き封筒の「行」は訂正した真下や左横ですが、この限りではないということです。横書き封筒も同様です。

 

基本が出来てこそ応用が出来るように、経験を積んでいくことで自然と対応出来る力が身についていきます。