ビジネスシーンにおけるよろしくお伝えくださいの正しい使い方

ビジネスシーンにおけるよろしくお伝えくださいの正しい使い方

社会人として仕事をする上で身に付けておかなくてはいけないことの一つにビジネスマナーがあります。

 

ビジネスマナーは態度はもちろんのこと、言葉遣いについても数多くの種類があって、それぞれの意味合いをしっかりと理解して適した言葉を選ばなくてはいけません。

 

このビジネス言葉の中でも比較的使い方が難しいとされているのが、よろしくお伝えくださいというフレーズです。

 

このフレーズはいろいろな人との会話の中でよく耳にする言葉でありながら、正しい使い方について知らない人も少なくありません。

正しく使うためには、言葉の意味を理解しておく

正しく使うためには、その言葉についての意味を理解しておくことが必要不可欠です。

 

よろしくお伝えくださいは、その場にいない人対して自身の気持ちや様子を伝言してもらうための挨拶という意味合いになります。

 

例として挙げると、Aさんがその場にいないCさんへの感謝の気持ちをBさんに変わりに伝えてもらうように依頼をする。それを受けたBさんはその後Cさんと会った時にそれを伝えることで間接的にAさんの気持ちが伝わるという仕組みです。

 

この説明を見る限り一見すると正しいやり取りのように思われるこの言葉は、捉え方によっては自身の気持ちをちゃんと伝えてくださいという意味にもなります。

使う人によって失礼にあたることもあるので注意

古くから使われている社交辞令になりつつある言葉とはいえ、自分よりも年齢や社会的地位が高い目上の人間に使ってしまうと失礼にあたることもあるので注意が必要です。

 

これは伝える相手によっても同様で、友人関係や顔見知りの間柄であれば問題はありませんが、面識のない人やそれほど親しくない上司の身内に対してこの言葉を使うのは失礼にあたります。

よろしくお伝えくださいはシーンによる使い分け

よろしくお伝えくださいはシーンによる使い分けについても知っておかなくてはいけません。

メールのやり取り

まずメールのやり取りの中でこの言葉を使う場合、最後の締めのフレーズとして使うのが基本です。大まかな流れとしては、まず1行目に相手の宛先の記入、もし所属部署がある時は2行目に部署名、3行目に相手のフルネームに様をつけての記入になります。

 

課長や部長のような役職を持っている人には、名前の前にその肩書きを記入するのがマナーです。そして挨拶、本文と続いて最後によろしくお伝えくださいの言葉で締めます。

取引先などお客様が相手

取引先などお客様が相手の場合は、その人の立場を考えなくてはいけません。もし話している相手が自分より目上の人間で、その場にいないその人の部下への伝言を依頼するとなれば当然失礼な行為になります。

 

こういった状況ではこの言葉を使わずに、自分がその人を通してお世話になっている気持ちを伝える程度に留めておくことが重要です。これはお礼言葉の中に組み込む時にも有効になります。

謝罪を含むお詫びのシーンで使う時

そして特に気をつけなくてはいけないのが謝罪を含むお詫びのシーンで使う時です。

 

これはビジネスに限ったことではありませんが、謝罪の気持ちを別の人間を介して伝えるのはモラルに反する行為といっても過言ではありません。

 

お詫びをするのであればその人に直接会って伝えるのが基本で、どうしても都合がつかないのであれば詫び状や謝罪文を使用して伝えるのが社会人としての正しい行動です。対象の相手が複数になる場合は、代表者に謝罪を行なって他の人に伝えてもらう形が望ましいと言えます。

 

知人や親しい人間が亡くなった時のお悔やみの言葉の場合は、伝達であることをお詫びした上で使うのであれば失礼にはなりません。

まとめ

どんなに正しく丁寧な言葉であっても、使い方や相手を間違えてしまっては失礼になります。ビジネスシーンで何気なく使用されるこのよろしくお伝えくださいという言葉も例外ではありません。
やりとりをしている相手の立場、伝えて欲しい人と依頼をする人の関係性などをしっかりと確認して使うことが求められます。