社会人必見!正しい「私」と「当方」の使い分け

ビジネスメール
スポンンサードリンク




社会人になるとビジネスメールなどで見かけるのが「当方」という言葉です。同じような意味をあらわす言葉として「私」や「私ども」もあります。

 

あまりはっきりとした使い方をされない当方という言葉ですが、この記事ではどのような時に使用されるのか、また、他の表現とどう違うのかをご紹介します。

スポンサードリンク




当方は組織全体を表現する時に使用される一人称

当方は自分の属している組織全体を表現する時に使用される一人称です。

 

会社や部署、グループなど「自分の属している方」を表したり「こちら」という意味があります。弊社や当社という言葉もありますが、当方の場合は一人称を表す組織や人物がはっきりとしていない時に用いられます。

当方をよく使用する場面としては

当方をよく使用する場面としては、正式な交渉に入る前段階や対応者が明確でない場合、「弊社」以外の会社も含む場合の3つの場面があります。

交渉が成立する前に他の会社の担当者とメールのやり取り

正式な交渉に入る前段階とは、交渉が成立する前に他の会社の担当者とメールのやり取りをする場合など、会社同士のやり取りに発展していない場合です。自分の会社がまだ明確に一人称の中に含まれていないので当方を使用します。

 

交渉が成立して正式に会社を通したやり取りになる場合は当方を使用せず、弊社や当社という表現に変わります。

問い合わせに対する担当者が確定していない場合

問い合わせに対する担当者が確定していない場合や、弊社と表現できない自分の会社以外を含む表現をする場合も当方を使用します。こちらも一人称を表す人物、または組織が特定できないため、当方を使用します。

 

当方という言葉は誰が担当するのか、どの組織が当てはまるのかはっきりとしていない状態で用いられる言葉です。しっかりと会社を通したやり取りでは弊社や当社、店舗であれば弊店や当店という言葉を使います。

 

自分自身を表す一人称として当方という言葉が用いられることもありますが、正確にいうと、この自分をあらわす使い方は誤りです。

個人を表す一人称には「私」を使う

個人を表す一人称には「私」を使います。「当方」は組織全体を表現する言葉なので個人をあらわす言葉としては使用しません。

 

自分一人をあらわす場合は私、複数の人数をあらわす場合は「私ども」となります。しかし、最近では誤用する人も多いので、個人をあらわす意味で使われる場合もあるということを覚えておくとよいでしょう。

当方という言葉を使うことで相手に正確な情報が伝わらない

自分の会社の中で自分自身や自分の属する部署を伝える言葉としても当方は使用しません。

 

自分のことを表現する言葉として使用するのは誤用であるばかりか、当方という言葉を使うことによって部署の間に線引きがされた印象になり、部署同士で対立しているような文章に感じられてしまいます。

 

また、その文章は個人の意見なのか、会社の意見なのか明確にならず、相手に正確な情報が伝わらない場合もあります。

 

そのため、自社内や部署内で自分自身を表す際は私、複数である場合は私どもを使用します。

当方の使い方をまとめ

当方の使い方をまとめます。当方という言葉は対応する部署や人間がはっきりしていない場合や、弊社と表現できない他の会社も一人称に含む場合に自分の属する組織全体の一人称として使います。自社内で自分をあらわす時や個人をあらわす時には使用しません。私や私どもという言葉で表現するようにしましょう。

 

当方の対義語は先方です。第三者を明確に表現しない際によく使用されます。こちらの言葉は実際のビジネスシーンでよく使われるのでイメージしやすいのではないでしょうか。その反対を意味する言葉が当方なので、当方という表現はとても微妙なニュアンスを意味する言葉なのがお分かりいただけたかと思います。

 

誤用されることも多く、ゆえに正しい使い方と意味を理解して使用しなければなりません。あまり使う機会がない言葉ですが、いざという時にはしっかりと使えるようになりたい言葉ですね。