持ち物の常識忘れ物で遅刻は厳禁忘れ物防止アイテムは

基本的なマナー
スポンンサードリンク




ビジネスの現場では、忘れ物をすることや遅刻をすることはタブーとされています。社会人としての常識が無いと判断されることがあるので、忘れ物や遅刻には十分注意する必要があるでしょう。

 

どのようにしたら、忘れ物をしたり遅刻をしたりしないように出来るのか対策方法を紹介します。

スポンサードリンク




忘れ物をしない方法はあるのか

忘れ物をしたことに気がついて家に戻り、会社に遅刻してしまったという事がありませんか。なんとか忘れ物をしない方法を実践できれば、遅刻のクセを直せるかも知れません。

 

忘れ物をしないためには、必ず持って行かなければいけないものを玄関に置いておきましょう。会社に行くときに絶対に履く靴の中に、入れておくのも良い方法ですよ。

おすすめ忘れ物防止アイテム

忘れ物防止アイテムとしておすすめなのは、キーホルダータイプの忘れ物防止タグです。

 

スマートフォンと連携して、忘れそうになるとアラームで教えてくれます。反対にタグのボタンを押すと、スマホの音が鳴るようになっているので、スマホを探しやすいというメリットもあります。

 

ステッカータイプの忘れ物防止アイテムもあります。仕事用のパソコンやファイルに貼っておくと、忘れそうになったときに、スマホのアラームで教えてくれる仕組みです。

うっかりミスを無くす方法

うっかり忘れ物をするようなミスを無くするためには、メモを取る習慣を確立しましょう。

 

上司から持ってくるよう頼まれた物を、しょっちゅう忘れてしまうなら、指示をされたときにすぐにメモを取るようにして下さい。

 

メモ帳をワイシャツのポケットにいつも入れておいたり、スマホにすぐに入力したりするクセを付けると良いでしょう。

知っておきたい遅刻をしないコツ

遅刻をしないためには、余裕を持って朝目覚めることが大切です。

 

ギリギリに起きる習慣があると、準備の時にバタバタして忘れ物をしやすくなります。夜は早めに寝るようにしたり、目覚まし時計をいつもより早めにセットしたりしましょう。

 

どうしても起きるのが難しいなら、目覚まし時計の数を増やすことや、強力な目覚まし時計を使うのも良いですよ。家族に、何時までに起きてこなかったら起こして欲しい、と事前に伝えておくのも遅刻予防には効果的です。

 

忘れ物が原因で遅刻することが多いなら、忘れ物防止アイテムを使って対策を施しましょう。

 

毎日の習慣を見直して、余裕を持って準備が出来るようにしたいと思います。忘れ物をしない対策と、遅刻をしない対策の二つを講じていきましょう。