年上の部下になめられる接し方はどうすればいい

社内お付き合い
スポンンサードリンク




会社の年功序列の制度が崩れてきているので、年上の部下を持つ場合があるでしょう。

 

自分よりも年上の部下と一緒に仕事をするのは、気を遣うので苦手だと感じる方が沢山います。

 

どのようにしたら年上の部下になめられずに、上手に仕事をしていけるのか方法を調べてみました。

スポンサードリンク




年上の部下とどんなときにトラブルになる?

まず知っておきたいのは、年上の部下を持つとどんなトラブルに遭遇するかです。

 

年上の部下は、自分のほうが年齢も上なので、年下上司より経験があると考え、プライドが高いものです。自然と年下の上司をなめて考える傾向があります。

 

そのような傾向を踏まえずに注意をしたり、部下をライバル視したりするとトラブルが発生します。年上の部下に対して、自分をやたら大きく見せようとしたりするのも逆効果です。

 

虚勢を張ると実力以上のことをしようとしてしまい、ミスが出やすくなってしまいます。結果的に年上の部下に、さらになめられてしまう事にもなりかねません。

年上の部下にどう接したらなめられない?

年上の部下になめられない方法は、良くコミュニケーションを取ることです。

 

仕事の後に一緒に飲みに行って、相手の今までの仕事の経験を聞いたり、逆に自分が職場で感じている課題などを話したりしましょう。

 

相手に敬意を持っていることが伝わったり、正直に気持ちを話してくれる誠実さが伝わったりすると、年上部下も上司をサポートしていきたいという思いになります。

 

上司の役割は、部下よりも秀でることではなく、部下の能力を活かしながら仕事を円滑に進めていくことです。そのために年上の部下の持っている仕事のノウハウを、大いに信頼して活用しましょう。

 

仕事の目標を達成するまでのプロセスを示して、進捗情報を確認したりしながら、気持ちよく年上部下に仕事をしてもらって下さい。

上司として覚えておきたい情報まとめ

もちろん、上司としてスキルアップをしていく点も重要です。実力を付けるために、今まで以上に勉強したり、調査をしたりする習慣を付けましょう。年上部下からの質問に対応できるように、誠実な努力を続けていきましょう。

 

自分が監督する部署のみんなと良くコミュニケーションを取り、自分の味方が沢山いる状態を作っておくのも大切なポイントです。

他の部下達が年上の部下がいても、上司がストレス無く仕事が出来るように助けてくれるでしょう。

 

年上の部下になめられる接し方は、やたら相手をライバル視して、自分を大きく見せようとすることです。上司としての正確な役割を理解し、良いコミュニケーションを取るように意識して下さい。