葬式

冠婚葬祭

知っておきたい!友引の云われと葬儀を行う際の注意点

昔から暦上の占いのようなものとして、六曜があります。六曜は冠婚葬祭の行事を行う日の取り決めの際に使われることが多く、その中でも友引の日は葬儀を避けるのが普通とされています。現在では友引というのは「友を引き込む」という意味合いがあり、結婚式などめでたい行事を行うには適しているものの葬儀をするには縁起が悪いという理由からです。
冠婚葬祭

通夜の時のマナーは服装や香典・・・について

葬儀の前に遺族や親族が亡くなった人と最後のお別れをするのがお通夜です。通常、亡くなった当日、または翌日の夜行われます。古くは亡くなった人の霊を邪霊から守るため、一晩中線香やロウソクの火を灯して寝ずの番をしていました。 お通夜の最近の動向 ...
冠婚葬祭

戒名とは?知っておきたいお葬式の常識

戒名とは、亡くなった人に対して付ける「仏さま」としての名前です。位牌にその名を記し、読経の際にもその名を読み込むことであの世へのお見送りをします。ただしこの戒名ですが、もともとは死者のためのものではなく、修行者に対して生前に付けられる名前でした。出家して仏門に入る際、新たに門徒となる者は修業に必要な戒律を授けられます。この儀式を受戒といいます。戒名とは本来、この受戒の際に与えられる名前なのです。つまり仏の弟子となって俗世との交わりを捨てるために、新しい名前を持つという意味合いを持っています。