葬式

知っておきたい!友引の云われと葬儀を行う際の注意点

昔から暦上の占いのようなものとして、六曜があります。六曜は冠婚葬祭の行事を行う日の取り決めの際に使われることが多く、その中でも友引の日は葬儀を避けるのが普通とされています。   なぜ友引の日を避けられるのか、友引の云われと葬儀を行う際の注意点について説明します。 現在の友引という意味合い 現在では友引というのは「友を引き込む」という意味合いがあり、結婚式などめでたい行事を行うには適してい […]

通夜の時のマナーは服装や香典・・・について

葬儀の前に遺族や親族が亡くなった人と最後のお別れをするのがお通夜です。通常、亡くなった当日、または翌日の夜行われます。古くは亡くなった人の霊を邪霊から守るため、一晩中線香やロウソクの火を灯して寝ずの番をしていました。 お通夜の最近の動向 近年では、夕方から2時間くらいで終わる半通夜の形で行われることが多いようです。僧侶を招き読経をして、遺族や親族、会葬者による焼香が行われます。この後、通夜振る舞い […]

戒名とは?知っておきたいお葬式の常識

普段はあまり信仰について考えたことのない人でも、否応なく宗教というものを意識させられる場面というものが人生にはあります。それが、お葬式です。   現在、日本では多くのお葬式が仏式によって執り行われています。その家の菩提寺で読経を上げてもらい、先祖代々のお墓に遺骨を収めます。田舎から上京して一家を構え、実家とは縁の遠くなった世帯であっても、葬儀社に依頼して僧侶を派遣してもらうというのが一般 […]