結婚式

冠婚葬祭

結婚式の招待状、アレルギーありの返信の仕方

最近の結婚式の招待状では、アレルギーについての有無を記入する欄がみられますね。食物アレルギーを持つ人は、年々増えており、ひどい場合はアレルゲンとなる食材を一口取り入れるだけで、アナフィラキシーショックを発生するなんてこともあります。アレルギーがない人には、なんでもないことでも、ある人にとっては、湿疹や蕁麻疹が起こったり、体中が拒否反応を示します。
冠婚葬祭

結婚披露宴の不思議!なぜ新郎新婦は上座なのに両親は下座?

新郎新婦のいるメインテーブルは「高砂」と呼ばれ、上座になります。一方、新郎新婦から遠く、宴会場の入り口に近いほど下座となります。新郎新婦は結婚披露宴の主役であり、二人を披露することが宴会の目的ですから、招待客から見えやすいメインテーブルである上座に座るのです。また、最近はあまり見られなくなってきましたが、「高砂」席の新郎新婦の後ろには主役を引き立てるための金屏風が飾られることもあります。
冠婚葬祭

大事な時に失敗しないために!フォーマルな場での服装について

フォーマルな場、というとまず思い浮かぶのは結婚式ではないでしょうか。結婚式の招待状には「平服でお越しください」と書かれていることも少なくありません。しかし、こうした場合の”平服”とは、文字通りのカジュアルな服装という意味ではなく、ドレスコードを守った服装、ということです。では、具体的にはどのような服装が正しい結婚式のドレスコードなのでしょうか。
冠婚葬祭

角隠しの意味とは?婚礼で花嫁がつけるその理由とは

和式の婚礼では花嫁は白無垢を身に付けるようになっているのですが、それと一緒に身に付けるものとして知られているのが角隠しと呼ばれるものです。 角隠しは文金高島田と呼ばれる日本的な高い髷を結った髪の上に身につける頭用の布で、頭を覆...
冠婚葬祭

格式の高い花嫁衣裳「白無垢」に込められた意味

結婚式は人生の節目として、新しい人生の第一歩を踏み出す門出です。最近では、伝統的な日本の「和」を大事にする和装で挙式を行うカップルも増えてきています。和装での挙式は花嫁が白無垢に綿帽子姿で式に臨みます。当たり前のようにその姿を目にしていますが、婚礼における「白無垢」が持つ意味は意外と知られていません。