敬語

仕事の基本

上司に失礼のないように!書類に目を通してもらうには?

上司に書類を渡して内容を確認して欲しいというときに、目を通して頂けますかと伝えてしまう人がいます。上司に書類を渡したら、後で目を通しておくという風に言われることも多いので自然に使ってしまいがちですが、敬語としては正しいものではありません。対面で渡すときには口ごもってしまっても書類を見せれば意図を理解して受け取ってくれることもよくあります。
ビジネスシーン・文書

その国に合った言葉を選んで表現しよう

敬語の役割は、日本語の場合は相手を敬ったりへりくだったりする際に用います。つまり自分と相手の立場や気持ちで表現の仕方が変化します。 英語は単語、中国語は漢字を並べているだけ、苦手な方にはすべてがタメ口のように見えますが、英語に...
ビジネスシーン・文書

「ご参考にしてください」の正しい意味と使い方

相手に資料や書籍などを渡して参考にしてほしい時に「ご参考にしてください」という言葉を使うことがあります。この言葉は正しい敬語かどうか気になる方も多いのではないでしょうか?そもそも「参考にする」とは、情報を手掛かりに、考えたり決めたりする時に判断する材料とすることです。その資料や書籍など目に見える数字や文字だけでなく、その内容を取り入れて活かしていくことが「参考にする」ということになります。