メール

ビジネスメール

表題と標題の小さなニュアンスを理解しよう!

きちんとルールを理解し、相手に伝わりやすく失礼のないメールを送ることが大切になってきます。顔を合わせて話さないので、小さなニュアンスや誤解やすれ違いも生じることが多くなってきます。そのような事態を避ける為に、色々なポイントを理解していきましょう。今回は、よく混同しやすい「標題」と「表題」の違いについてご紹介します。
仕事の基本

上司に失礼のないように!書類に目を通してもらうには?

上司に書類を渡して内容を確認して欲しいというときに、目を通して頂けますかと伝えてしまう人がいます。上司に書類を渡したら、後で目を通しておくという風に言われることも多いので自然に使ってしまいがちですが、敬語としては正しいものではありません。対面で渡すときには口ごもってしまっても書類を見せれば意図を理解して受け取ってくれることもよくあります。
電話・名刺交換マナー

名刺交換、その後は?次につながるお礼メールの書き方

名刺は、ビジネスマンにとって欠かせないコミュニケーションツールの一つ。初対面の相手であっても所属や役職を詳しく知ることのできる、とても特殊なものです。 セミナーや交流会など人脈を広げるチャンスとなる場で名刺交換をした時には、せ...
ビジネスメール

「社長様」は正しい敬称?社長宛てにメールを送るときの書き方

初めて社長宛にメールを送るとき、迷ってしまうのが「敬称」についてです。敬称はどの部分にどのように付ければいいのでしょうか。はたまた、つけなくていいものなのでしょうか。そもそも、つける敬称は「様」でいいのでしょうか。考えれば考えるほど、何が正解なのかわからなくなってきます。そこで今回は、社長宛にメールを送る際の正しい書き方をご紹介します。
ビジネスメール

緊急以外は控えるのがベスト!遅い時間のメール送信マナー

社内でも社外でも何らかの連絡手段として便利なのが、メール送信です。相手の都合をそこまで気にせずに連絡できるので気兼ねなく利用している人も多いのですが、相手の都合を無視して送信するからこそ電話以上に相手への配慮が必要とされています。そのためメール送信の一般的なマナーとしても、電話と同様に「相手が仕事をしている時間帯や曜日を考慮して送信する」ようにするのがベストだと考えられています。
ビジネスメール

どうやって書くのが正解?面接日のメールを返信しよう

転職活動を行っている場合には、志望する企業との間で面接日などの調整をメールで行うこともあるでしょう。企業に少しでも好印象を持ってもらうためには、正しいマナーを守って返信する必要があります。 面接日の日程調整を行うメールは、基本的にはビジネスメールのルールに基づいて返信します。転職を考える人にとって、ビジネスメールは普段から書き慣れているという人も多いでしょうが、もう一度おさらいしておきましょう。
ビジネスシーン・文書

押さえておきたい目上の方に好印象を与えるメールや手紙の書き方

「益々のご活躍を」というフレーズはいろいろなシーンで使われています。転勤や転職目的で退職をする方、独立開業をする方に送るメールや手紙には、よくこのフレーズが登場しますよね。「これからの活躍を期待している」というメッセージを伝えてくれるのが、「益々のご活躍を」というフレーズです。目上から目下に使う言葉というイメージがありますが、「益々のご活躍を」というフレーズは実のところ目下から目上に送るメールや手紙でも使用することが可能です。
基本的なマナー

遅刻連絡のメール会社へ送る常識的な文章は

体調が悪くて遅刻したり、交通機関のトラブルで遅刻してしまったりする場合があります。ビジネスのマナーでは、遅刻するときには必ず会社へ連絡をする事が大切です。 会社へ遅刻連絡のメールをするときに、どんなポイントを覚えておいたら良いでしょうか。
ビジネスメール

役職を兼任している取引先のメール宛名はどのように書くの

メールを書くときに、相手の宛名を何にするか迷うことがあります。相手が役職を兼任しているときなどは、取引先のメール宛名をどうしたら良いのか分からなくなるでしょう。 役所を兼任している人への宛名や、普段のメール作成で使える敬称について調べてみましたので参考にして下さい。