ビジネスメール

メールで「ご都合が悪ければ」と尋ねるのは正しい?

メールで相手の都合を尋ねる時に、あなたはどのような表現を使っていますか?   中には「ご都合が悪ければ」という表現を多用している方もいると思います。この「ご都合が悪ければ」という言葉は文法的な間違いもなく正しいのですが、メールで使用するには気を付けなければなりません。   メールではお互いの表情やしぐさで感情を伝えることが出来ません。ですので、対面コミュニケーションでは何の問題 […]

ビジネスメールでの敬語の使い方!早い返信へのお礼編

ビジネスメールのやり取りは相手の都合もあるのでなかなかすぐに返事が来ないことも多いのですが、中にはすぐに返事がきたり思ったよりも早く返信してもらえる場合もあります。   このように早い返信があった場合はこちらの業務もスムーズに進むため、相手に対してお礼の言葉を添えておくと気持ちの良いやり取りができるようになります。そこで問題となってくるのが、「早い返信ありがとうございます」という意味合い […]

表題と標題の小さなニュアンスを理解しよう!

社会人にとって、今やビジネスメールはとても重要な連絡手段のひとつです。ビジネスメールのスキルによって、あなたへの相手先の印象もだいぶ変わってくることでしょう。   今までのような家族や友人などとのメールのやりとりとは、全く違うものです。きちんとルールを理解し、相手に伝わりやすく失礼のないメールを送ることが大切になってきます。顔を合わせて話さないので、小さなニュアンスや誤解やすれ違いも生じ […]

次第ですの意味を知ろう!ビジネスメールで正しく使える?

ビジネスメールではしばしば正しく使えていなかった言葉が原因でトラブルが発生することがあります。シーンに合わせて正しく言葉を使い分けることが重要です。   「次第です」という表現をするときに使い方を誤らないように意味を理解しておくことは重要と言えます。 「次第」という言葉の意味   「次第」という言葉は物事の成り行きや状況、あるいは進捗などを意味しています。「次」と「第」という言 […]

感謝の気持ちが伝わるメールの書き方~上司にご馳走になった時~

ビジネスのシーンでは、上司や先輩と食事をともにする機会があります。その中でご馳走になってしまうこともあるでしょう。上司は年上だから、あるいは、男性の上司が女性にご馳走するのは当たり前、そのような態度では社会人としても人としても失格です。   ご馳走になった時には、まずその場できちんとお礼を述べましょう。もし、上司が会計だけして先に帰ってしまった場合は、お礼を言い損ねてしまうこともあるでし […]

「社長様」は正しい敬称?社長宛てにメールを送るときの書き方

初めて社長宛にメールを送るとき、迷ってしまうのが「敬称」についてです。   敬称はどの部分にどのように付ければいいのでしょうか。はたまた、つけなくていいものなのでしょうか。そもそも、つける敬称は「様」でいいのでしょうか。   考えれば考えるほど、何が正解なのかわからなくなってきます。そこで今回は、社長宛にメールを送る際の正しい書き方をご紹介します。 「社長」に送るメールのマナー […]

社会人必見!正しい「私」と「当方」の使い分け

社会人になるとビジネスメールなどで見かけるのが「当方」という言葉です。同じような意味をあらわす言葉として「私」や「私ども」もあります。   あまりはっきりとした使い方をされない当方という言葉ですが、この記事ではどのような時に使用されるのか、また、他の表現とどう違うのかをご紹介します。 当方は組織全体を表現する時に使用される一人称 当方は自分の属している組織全体を表現する時に使用される一人 […]

ビジネスメール「各位」の使い方目上の人に使ってもいいの

ビジネスメールを書くときには、各位の使い方が難しいと感じるかも知れません。各位を目上の人に使っても失礼では無いのか、知っておきたいと思うでしょう。   ビジネスマナーをきちんと踏まえた上で、メールを作成すると相手からの評価も高くなりますよ。 各位にはどんな意味があるの? 各位にはどんな意味があるのか知っておきましょう。   ビジネスメールは何人かの人に一斉に同じメールを送ること […]

「いつもお世話になっております」「いつもお世話になります」メールでは どちらを使うべき

ビジネスメールを作るときに、「いつもお世話になっております」と「 いつもお世話になります」の二つの表現を使うことがあります。   どのように使い分けたら良いのか考えてみましょう。 「いつもお世話になっております」「 いつもお世話になります」の違い 「いつもお世話になっております」と「 いつもお世話になります」の二つの表現には、どんな違いがあるでしょうか。   この「いつもお世話 […]