ビジネスマナー

ビジネスシーン・文書

これさえ知っておけば失敗しない!ビジネスにおける返事の使い方

社会人としての身に付けておかなくてはいけないビジネスマナーの一つに言葉遣いがあります。ビジネスにおける言葉遣いは自分自身の常識はもちろんのこと、話す相手によっては会社のイメージを左右することもある重要なものです。そういった点からも、日常で友人や家族のような親しい間柄の人に対しての言葉とは違うビジネス用語としてしっかりと使い分けなくてはいけません。
ビジネスシーン・文書

ビジネスマナーの基本|会社関係で欠席の返事の文例を紹介

会社に勤めていると社内外で様々なイベントや催し物が開催されたり、取引先の相手との交流や飲み会などに誘われる場合があります。このような場合には当然出欠の確認が行なわれるのですが、その時の都合によってはやむを得ず参加できなかったりどうしても参加したくない場合も少なくありません。
基本的なマナー

「お疲れさまです」「ご苦労様です」違いと使い分けどうすればいい

「お疲れ様です」も「ご苦労様です」も似たような表現なので、どう使い分けたら良いか分からないことがあります。二つとも同じようなシーンやシチュエーションで使われるので、新社会人はどうしたら良いのか混乱してしまうかも知れません。「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い分けについて調査してみました。
基本的なマナー

「いらっしゃいますでしょうか」 の使い方は間違い・正しいどっち?

日本人にとって敬語は大切なビジネスマナーですが、「いらっしゃいますでしょうか」という言い方は正しいと言えますか。「いらっしゃいますでしょうか」という表現を良く耳にします。すごく丁寧な感じがしますが、どこか違和感を感じることもあります。日本語として「いらっしゃいますでしょうか」が、間違いなのか正しいのか解説します。