出社時間は厳守実際に始業時間何分前までに出社すればいい

出社時間は厳守実際に始業時間何分前までに出社すればいい

社会人にとって出社時間は、厳守すべき大切なルールです。

 

でも始業時間の何分前までに、出社すれば良いのか分からないこともあるでしょう。どれくらいの出社時間がベストなのか調べてみました。

出社時間はどれくらいがベスト?

ほとんどの人が始業時間や始業時間の、10分前や15分前に出社をしています。

 

少し早めに着くように意識をしていると、遅刻しそうになっても余裕が有り、始業時間までには間に合うでしょう。

 

途中で忘れ物をしたことに気がついても、なんとか就業時間までには会社に入れるので、早めに会社に着くような習慣は重要です。

 

15分くらい前に付いていれば、パソコンの起動や机の整理などをする時間があるので、スムーズに仕事を始められるでしょう。

 

電車が遅れたとしても、そこまで会社に遅れないので、その日の仕事にあまり影響が出ないかも知れません。

 

フレックスタイム制を導入している企業なら、個人個人で分かれるかも知れませんが、自分の始業時間の最低10分前には会社にいるようにしたいですね。

新入社員はどれくらい前に出社すると良いの?

新入社員の場合は、30分前には会社にいるようにしておきましょう。

 

他の先輩達よりも、早く出勤しておくように意識することが大切です。新入社員はまだ一人前では無いですし、会社の業務にも慣れていません。

 

先輩達は、新入社員が早めに来てちゃんと準備しておくことを期待しています。30分前に出社できるようにしておけば、何か電車のハプニングなどがあっても対応できるでしょう。

早く出社するメリットは?

早く出社をしておくと、余裕を持ってその日の業務を行えます。前の日の仕事のチェックや、その日の仕事の段取りをしておくだけで、かなり効率良くその日の業務をこなしていけます。

 

準備が済んでいると落ち着いて仕事をしていけますから、ケアレスミスなども防げますよ。

 

一般的に仕事が出来る先輩達や上司は、早めに会社に来るようにしています。自分も早めに出社をしていると、上司達と良いコミュニケーションが取れます。

 

仕事に関するノウハウを、ジックリ教えてもらうことが出来るメリットがあります。上司もやる気のある社員だと評価してくれ、より大きな仕事を任してくれるかも知れません。

 

一日の良いスタートが切れれば、仕事も早く終わり、無駄な残業をしなくて済むでしょう。

 

出社時間は厳守すべき物なので、早めに出社する習慣を作りましょう。始業時間の15分前や30分前に会社に来ていれば、幾つものメリットがあるので、早速実践してみるのも良いでしょう。