服装の常識は職場でのスーツはお金をかけるより清潔感重視

身だしなみ
スポンンサードリンク




ビジネスの服装の常識は、お金を掛けて高いスーツを着るよりも清潔感を重視することでしょう。

 

清潔感を重視するだけで、上司や同僚からの評価が上がったり、クライアントからの印象が良くなったりと幾つもメリットがありますよ。

 

どうして清潔感を重視した方が良いのかという点や、上手なスーツの選び方などを解説します。

スポンサードリンク




職場のスーツは清潔感重視が良い理由

職場では同僚だけではなく、外部の人と接する機会が多くなります。営業の仕事をしていると頻繁に会社外のクライアントに会いますが、営業で無くても常に外部の目を意識することが大切です。

 

人が初対面の人を評価するときに、最初に注目するのが服装です。服装のセンスに加えて、清潔な感じがするかどうかは大きな評価ポイントとなります。

 

どんなに高価でセンスの良いスーツを着ていたり、お洒落な着こなしをしていたりしても、清潔感が無ければ好印象とはなりません。

 

仕事をスムーズに進めていく上で、清潔感を重視するのはビジネスの覚えておきたいポイントです。

上手なスーツの選び方

上手なスーツの選び方は、清潔感のある色を選ぶという点です。

 

無難な色という事で黒を選びやすいですが、実は黒色のスーツは汚れが目立ちやすいですし、フケなども目立ってしまいます。グレーや紺色などのスーツは清潔感がありますし、秋や冬の季節ではブラウンなどもおすすめです。

 

スーツを選ぶときには柄を選びますが、無地のスーツは必ず持っておきましょう。無地のスーツはワイシャツやネクタイとの組み合わせがしやすいので、爽やかな印象を相手に与えやすくなります。

スーツを選ぶときの注意ポイントとは?

スーツを選ぶときに気をつけたいのは、サイズが合っているスーツを購入するというポイントです。サイズが合っていなくてダボッとしていると清潔感が無いですし、ピタッとしすぎていると相手に不快な印象を与える可能性があります。

 

スーツの後ろ襟や背中の部分が、自分のサイズに合っているかを確認しましょう。袖丈や着丈も、不格好に見えないかどうかをチェックして下さい。

 

自分では分かりづらい部分がありますので、試着した状態を店員さんに見てもらいましょう。丈があっていないのであれば調節できますので、自分に丁度良いサイズに仕上げて下さいね。

 

服装の常識は職場でのスーツにお金を掛けて良い物を買う以上に、清潔感を重視することです。ここで取り上げた情報を活かして、爽やかな印象を与えるビジネススーツを購入して下さい。