「社長様」は正しい敬称?社長宛てにメールを送るときの書き方

「社長様」は正しい敬称?社長宛てにメールを送るときの書き方

初めて社長宛にメールを送るとき、迷ってしまうのが「敬称」についてです。

 

敬称はどの部分にどのように付ければいいのでしょうか。はたまた、つけなくていいものなのでしょうか。そもそも、つける敬称は「様」でいいのでしょうか。

 

考えれば考えるほど、何が正解なのかわからなくなってきます。そこで今回は、社長宛にメールを送る際の正しい書き方をご紹介します。

「社長」に送るメールのマナー1

社内で送るメールとはいえ、最低限のマナーとして、敬称はつけなければいけません。それは同僚であっても同じことですが、先輩や上司、社長ともなればなおさらです。

 

そう考えた結果、使ってしまいがちなのが、「社長様」という表現です。

 

「社長様」という敬語は、一見とてもていねいに見えます。しかし実は、これは正しいマナーとはいえません。なぜなら、役職名自体が敬称にあたるからです。つまり「社長+様」という表記は「敬称+敬称」になってしまい、二重敬語にあたってしまうのです。

 

「社長」自体が敬称にあたることを考えれば、むしろ「〇〇社長」という書き方のほうが失礼がありません。

「社長」に送るメールのマナー2

しかし、「〇〇社長」だけでは味気ないように感じる人もいることでしょう。その場合は、「役職+名前+様」という書き方をすると、より丁寧な表現になります。

 

「社長〇〇様」という書き方であれば、「様」という敬称が名前にかかるようになるため、二重敬語にはあたりません。また、名前に直接「様」が付く表現になるため、「〇〇社長」という表現よりも相手を敬う気持ちが強く表れます。

 

この「役職+名前+様」という書き方は、社長宛や上司宛といった社内のメールだけではなく、取引先など社外のメールにも使うことができます。社外にも通用するくらい、ナチュラルでスマートな敬称の使い方なので、この機会に覚えておくと良いでしょう。

「社長」に送るメールのマナー3

では、社長宛のメールにつける敬称として正しいのは「様」だけなのでしょうか。

 

ビジネス上で時折目にする敬称として、思い当たるものといえば「殿」。「社長〇〇様」という書き方と同じように、「社長〇〇殿」と書いてもいいものなのでしょうか。

 

ビジネス上で「殿」が使われるのはどんなときなのかを思い浮かべてみましょう。多くの人になじみが深いのは、会社から渡される給与明細の宛名です。「〇〇殿」と書かれた給与明細に心当たりがある方もいるのではないでしょうか。

 

実は「殿」は、基本的には目下の人に使われる敬称です。特にビジネス上では、主に会社組織から個人に宛てて送られる文書に「殿」が用いられます。

 

そのため、「殿」は社長宛のメールにつける敬称としてはふさわしくありません。

 

また、「さん」というのも敬称のひとつですが、ビジネス上のやりとりに使用するにはいささかフランクすぎます。「殿」と同じく、社長宛のメールにつける敬称としてはふさわしくありません。「さん」は話し言葉、もしくは同僚や部下に対するメールで使用しましょう。

「社長」に送るメールのマナーまとめ

このように考えると、社長宛のメールに使う敬称の使い方はおのずと絞られてきます。

 

「〇〇社長」のように「社長」という役職名を敬称として使用する、もしくは「役職名+名前+様」という書き方に当てはめ「社長〇〇様」と表現することが、社長宛にメールを送るときの正しいマナーです。この基本の形をしっかりと覚えておきましょう。

 

ただし、会社によっては、社内メールに独自のルールを設けているところもあります。もし社内に独自のルールがあった場合は、無理に世間一般的なルールに従う必要はありません。世間一般的なルールよりも、社内の独自のルールが優先されます。

 

まずは先輩や上司に確認して、それからどのような書き方をすればいいのか判断しましょう。