知っておきたい!友引の云われと葬儀を行う際の注意点

知っておきたい!友引の云われと葬儀を行う際の注意点

昔から暦上の占いのようなものとして、六曜があります。六曜は冠婚葬祭の行事を行う日の取り決めの際に使われることが多く、その中でも友引の日は葬儀を避けるのが普通とされています。

 

なぜ友引の日を避けられるのか、友引の云われと葬儀を行う際の注意点について説明します。

現在の友引という意味合い

現在では友引というのは「友を引き込む」という意味合いがあり、結婚式などめでたい行事を行うには適しているものの葬儀をするには縁起が悪いという理由からです。友引の日に葬儀をすると、友人を死へ誘うことになるという考え方がいつしか出来上がったのです。

 

また古い葬儀屋や火葬場なども、カレンダーで友引の日は休日となっている所も多く、実際問題として友引の日に葬儀を執り行うのは無理である場合も見られます。

昔は友引の日に葬儀をしても問題はなかった

けれども実は、昔は友引の日に葬儀をしても問題なかったのです。なぜなら昔は、「友引」ではなく「共引」という字を用いており、「友を引き込む」という意味合いはなかったからです。

 

共引と書いていた時代には、すべてのことにおいて白黒がはっきりしない、勝負事にふさわしくない日という意味合いがありました。

 

つまり、「引き分けの日」ということです。引き分けという意味であれば葬儀を行うにあたってはまったく問題がありません。しかし現在では共引とは書かず、友引と書くようになったため、葬儀にはふさわしくない日になってしまったのです。

どのようにして「友引」となったのか

また、六曜は中国の六壬時課が起原となっているという説もあります。そもそもは六壬時課の「りゅうれん」という暦日が「ゆういん」となまって読まれ、そこから「友引」と書かれるようになったと言うのです。

 

「りゅうれん」は「進みもせず引きもしない、何も変化はない」というような意味合いであり、そこからも「友を引き込む」というような意味はまったくないということになります。

 

このように、中国の六壬時課の語源や「共引」と書かれていたことなどから考えても、「友引に葬儀をしてはいけない」というのは現在になって生まれた考え方だと言えるでしょう。

「友引の日に葬儀を行ってはいけない」というのは迷信

それでは「友引の日に葬儀を行ってはいけない」というのは迷信なのでしょうか。

 

仏教においては、昔も現在も変わらず友引というお日柄は気にせずに葬儀を行っても良いとされています。迷信にこだわりすぎることは差別を生むという考え方もあり、反対に友引の日の葬儀を勧めているお寺もあるくらいなのです。

 

実際には宗教的な問題で友引に葬儀を慎むというよりも、縁起を担いで気にする人がいると言ったほうが良いでしょう。特に高齢の人の場合にはそのような縁起を信じている人も見られるのではないでしょうか。

友引の云われと葬儀を行う際の注意点のまとめ

葬儀というのは親戚一同で集まることも多く、その際にこうした云われを無視して友引に葬儀を行ったせいで親戚間の揉め事が生じてしまっては大変です。残された遺族みんなが気持ち良く故人を送り出してあげることこそが、葬儀の最も大切な目的のはずです。

 

ですので迷信を信じる信じないに関わらず、親戚一同が円満に葬儀を行えるように考えることが一番だと言えるでしょう。親戚みんなでよく話し合い、友引の日の葬儀を反対している人がいるようであれば日程をずらして執り行うようにすれば安心です。

 

しかしながら火葬場が友引の日の翌日は混雑するなど、いろいろな問題が生じるのも現実です。故人が亡くなった日からあまりにも日にちが経つのも、特に暑い季節は良くありません。

 

日程をずらすのが難しくて友引の日にどうしても葬儀をするとなった際には、棺の中に友達の身代わりとなる神人形を一緒にいれると良いとも言われています。そうした友人形の習わしなども活用して、みんなが納得して安心できる形で葬儀を行いたいものです。

 

「友引」という暦にこだわりすぎず、けれども頭には入れておくことで遺族も故人も満足できる穏やかな葬儀になることでしょう。