節分の日は何故豆を食べるの?ルールとは?

節分の日は何故豆を食べるの?ルールとは?

節分といえば豆まきをしますが、その由来って知っていますか?

 

豆まきの際のルールや、撒いた後の豆を食べる際の個数にもしっかりと意味があります。
今回はそんな豆まきの由来やルールについて説明します。

・節分とは

 

節分とは季節の移り変わる節目の日のこと指し、本来は立春、立花、立秋、立冬それぞれの前日のことを言っていました。

 

ではなぜ立春前の節分だけが注目されているのかといえば、旧暦では立春の日が一年の始まりであったため、2月3日の節分の日が現在で言う大晦日の役割を果たしていたので尊ばれてきたのです。

 

その年の厄を祓って来年の福を願って現在まで節分祝いが行われているのです。

・豆まきの由来とは

豆まきの風習は中国から日本に伝わったとされています。豆は「魔滅(魔を滅する)」に通じ、魔とされてきた病や災害を滅する無病息災を祈る意味があります。

 

その昔、京都の鞍馬山に鬼が現れた際に、毘沙門天の導きにより鬼の目に豆を投げつけたところ、退治できたという話があり、そのことから「魔の目に豆を投げ魔を滅する」という意味が込められています。

・豆まきのルールとは

 

豆まきにはいくつかのルールがあります。

 

まず、豆は炒り豆を使わなければなりません。これは、撒いた後の豆をすべて拾わなければならないことから、見分け易くするための昔の人の知恵からきています。

 

なぜ撒いた豆は全て拾わなければならないのかと思うかもしれませんが、もしも撒いた豆が芽吹いた時に「魔が芽吹く」「魔が根付く」など縁起が悪いからと言われています。また、炒るは射るにも通じていて、「射り魔目(いりまめ)」として鬼を封じる為と言われています。

 

掛け声は一般的に「鬼は外、福は内」といいますが、鬼が神の使いや神そのものとして崇められている地域や、昔の領主の名前に鬼が含まれていた所などでは「鬼は内(鬼も内)」というところもあります。順番も逆になる場合もあるようです。

 

豆まきはもともと、一家の主人や長男、年男(その年の干支に生まれた人)が撒く風習がありましたが、現在では家族全員で撒くところも多いようです。

 

炒った豆のことを「福豆」といい、節分の時期になるとスーパーなどでも見かけますが、撒いた後の豆は回収したら自身の歳の数だけ豆を食べるのがルールです。

 

一般的には数え年(生まれた時に1歳と数え、年が明けるたびに加算する年の数え方)の分だけ食べますので、現在の自分の年に1つ足した数だけ豆を食べるようにしましょう。

 

撒いた後の豆を食べる理由としては、「魔を祓った縁起の良い豆を自分に取り込み福を呼び込む」ことからとされています。年の数だけ福を入れて来年一年を良い年にしようという祈りがこめられています。また、一部の地域では炒った殻付きの落花生を用いることもあるようです。

・なぜ豆が使われるのか

豆が「魔目」や「魔滅」に通じることは説明しましたが、理由はそれだけではありません。

 

豆を含む5つの穀物には邪気を祓う霊力が宿ると考えられていました。5つの穀物の内訳は「米、豆、ひえ、粟、麦」とされていて、これらには穀霊が宿るとして神事で多く使われてきたのです。

 

豆は米に次いで多く使われ、前述の語呂合わせにも通じること、さらに米よりも大きく魔を祓うのにも最適であるとして節分でも用いられてきたのです。

・まとめ

旧暦の大晦日にあたる節分時に一年の厄を祓い、来年一年の無病息災を祈る行事であることはわかりましたか。

 

縁起物ですので、きちんとその由来やルールを理解して一年の無病息災を祈願できるようにしましょう。
また、自分の年の数だけ福豆を食べて、一年間幸福でいられるように福をしっかりと取り込むようにしましょう。