履歴書・経歴書の困ったを解決!履歴書・経歴書郵送の封筒はどうする?

ビジネスシーン・文書
スポンンサードリンク




この企業で働きたい・・・と思える企業が見つかったら企業に面接に行く前に、事前に履歴書や経歴書を郵送してくださいと言われる場合がありますね。

 

基本的には履歴書と経歴書はセットで出すものなので、事前に何を同封するか把握する必要があります。カバーレター、必要書類、履歴書、経歴書はセットにして新品のクリアファイルに入れてから封筒に入れるようにするのをお薦めします。

 

履歴書、経歴書を郵送するのに封筒の宛名を書くのを躊躇ったりしていませんか?きちんとマナーにのっとった封筒で出すことによって好印象を与えることができます。では、封筒の書き方のマナーとはどういったものなのか、詳しく説明していきます。

スポンサードリンク




用意するものA4の白い封筒

まずはA4の白い封筒を用意します。A4の封筒には茶封筒と白い封筒の2種類がありますね。茶封筒だと薄くて破れやすいのと、他の郵便物に紛れてしまいやすいので白の封筒が無難です。折れてしまったりするとそれだけでだいぶ印象が悪くなる場合があるので注意します。

宛名書きは丁寧に縦書きで読みやすく

黒のサインペンを用意して、住所などを書いていきます。普通のお手紙を出す場合には住所を書いて○○様で良いのですが、企業に出す経歴書の場合は、担当者の方だけではなく会社名、部署名等をきちんと書かなくてはなりません。

 

基本的に縦書きでしっかりと読みやすく、丁寧を心がけて書くと印象が良いです。住所を縦書きで書く場合、番地などの書き方を統一するのを忘れないように気を付けて書きます。

宛名書きで気をつけたいところ

宛先の会社が株式会社なのか有限会社なのかもしっかりと略さないで書きましょう。封筒の宛名の書き方は一番戸惑うところだと思います。やや大きめで右寄りに会社名を書いてから、部署名などを書きます。

 

部署名などを書くときも気を付けなくてはならないところがあります。部署名までしかわからない場合は、○○様にあたる部分は○○(部署名)御中と書くのが正解です。

 

個人宛てではないので注意しましょう。担当の方の名前がわかるようであれば、○○部○○課○○担当○○様というように書くと良いでしょう。

宛名などを書き終わったら赤で履歴書在中と書く

宛名などを書き終わったら、最後に赤のボールペンで良いので履歴書在中と書き、定規を使って綺麗に四角で囲みます。一社だけではなく複数書く場合は、履歴書在中スタンプを用意するのもひとつの手段です。意外と忘れやすい作業なので注意しましょう。

表の面が書き終わったら裏側に自分の住所や氏名

表の面が書き終わったら、最後に裏側に移ります。左側面部分に縦書きでしっかりと自分の住所や氏名を書きます。建物名などは略さずきちんと書きましょう。住所の上に縦書きで投函した日付を書いておくと、トラブルがあった場合に回避することができます。

必要書類全てをファイルに順番が狂わないように

全て書き終わったら、必要書類全てをファイルに順番が狂わないように気を付けて入れ、封筒に入れます。封筒のフラップ部分には多めに糊を付けて封をします。糊が少ないと配達段階で封が開いてしまいかねないので気を付けましょう。封をした部分にはメと書くのを忘れないようにしましょう。きちんと閉じた印になります。

 

郵送は郵便局へ

これで郵送の準備は整いました。後は投函して連絡を待つばかりです。投函する場合は、郵便局へ出向いて郵送するのをお薦めします。

 

その辺りのポストに投函してしまって、汚れてしまったり、ポストに嵌まってしまって局員の方が気付かずに数日たってしまうなんて事故がないとは限りません。

 

せっかく間に合うように出したのに、到着期限が過ぎてしまっては意味がなくなってしまいます。ですから郵便局の窓口で出すのが一番無難なのです。料金の不足などのトラブルも回避できますよ。

 

封筒ひとつとっても色々決まり事があり、気を使う作業が沢山ありましたね。きちんとした封筒で、書類に事故がなく無事に届くことと、良い結果につながることを祈っています。