花祭りとは?甘茶とお釈迦様の関係は?

花祭りとは?甘茶とお釈迦様の関係は?

【花祭りはお釈迦様の誕生日】

お釈迦様の誕生日を灌仏会(かんぶつえ)と言います。花祭りともいい、日本では毎年4月8日にお寺の行事としてお祝いします。灌仏会の時にはお釈迦様の像の上に甘茶と言われる飲み物をかけるならわしがあります。

お釈迦様が生まれたのは今から約2500年前、インド北部の釈迦族の王子として生まれました。お釈迦様誕生にあたっては次のような言い伝えがあります。

【お釈迦様誕生の言い伝えとは?】

お釈迦様の母、摩耶夫人はある夜夢を見ました。6つの牙を持つ白い像が天から降りてきて右脇から体内に入ったのです。象はインドでは聖獣とされていて、これはお世継ぎ誕生の夢でした。摩耶夫人はその後、出産のため里帰りしましたが、その途中ルンビニ園というところに立ち寄りました。

 

そこでお釈迦様が右脇から生まれたのです。右脇からとは妙な印象を受けるかもしれませんが古代インドでは右脇は武力の象徴でもあり、大切なものを抱えるところとされていました。高貴な人は右脇から生まれたと言われることが多いのです。

 

生まれたばかりのお釈迦様はすぐに7歩歩いて右手で天を指し、左手で地を指し、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と言ったとされています。

 

直訳すれば「この広い宇宙でただ私だけが一人尊い」という意味になります。「唯我独尊」とは「すべての生き物の命が尊い」「尊い使命がある」などと様々な意味に解釈されることばでお釈迦様を崇めることばとしても知られています。

 

また、お釈迦様が生まれた時には9匹の龍が現れて天から甘露の雨を注ぎ、産湯を満たしたとも言われています。甘露とは天から降ってくる甘い液体で天地陰陽の気が調和すると降ってくるとされています。

【花祭りの行事はお釈迦様誕生の言い伝えを表したもの】

花祭りの行事はそれらの伝説を形に表したものです。

 

花で飾られたお堂はルンビニ園を表しています。水盤の上に置かれたお釈迦様の像は天と地を指しています。甘露は甘茶で表現します。花祭りの時には参拝者は柄杓で水盤の甘茶をすくってお釈迦様の像の上からかけます。お寺では参拝者にも甘茶が振る舞われます。

【甘茶とは?】

甘茶はユキノシタ科の低木、ヤマアジサイの一種で葉の部分を煎じて飲みます。よく似た名前のアマチャヅルとは別物です。江戸時代から生薬として使われるようになったと言われています。

 

夏に採取した葉っぱを水洗いした後2日間乾燥させ、水を吹きかけてむしろをかけて発酵させます。手でよくもんでさらに乾燥させると優しい甘みのある甘茶が出来上がります。

 

甘茶は日本で発見された生薬です。抗アレルギー作用や抗菌作用、食欲不振、口臭予防などにも効果があると言われています。抗アレルギー作用があるのでアトピーや花粉症にも効き、飲むだけでなく患部に塗布するのも良いとされています。

 

また甘茶は天然の甘味料で砂糖の1000倍もの甘さがあると言われています。ノンカロリーなのでダイエット時などに砂糖の代用として使うこともできます。

 

江戸時代までは花祭りには五色水という5種類の香水が使われていたそうですが、それ以降は甘茶が使われるようになりました。

【花祭りはどんな行事?】

花祭りは赤ちゃんの健康を祝う行事でもあり、甘茶で赤ちゃんの頭をこすると丈夫で元気な子に育つとも言われています。甘茶で手習いをすると字が上手になるとも言われています。

 

花祭りには全国各地のお寺で行事が行われます。美しく着飾った子供たちが練り歩く稚児行列などが行われるところもあります。

 

花祭りにはたくさんの別名があります。「灌仏会(かんぶつえ)」のほか「降誕会(ごうたんえ)」「仏生会(ぶっしょうえ)」「浴仏会(よくぶつえ)」「龍華会(りゅうげえ)」「花会式(はなえしき)」などです。

 

お釈迦様はその後、29歳で王座を捨てて出家し、35歳で悟りを開きました。仏教を開き、お釈迦様の教えは世界中に広まっています。花祭りはそのようなお釈迦様の徳をしのぶ行事です。