「お疲れさまです」「ご苦労様です」違いと使い分けどうすればいい

「お疲れさまです」「ご苦労様です」違いと使い分けどうすればいい

「お疲れ様です」も「ご苦労様です」も似たような表現なので、どう使い分けたら良いか分からないことがあります。

 

二つとも同じようなシーンやシチュエーションで使われるので、新社会人はどうしたら良いのか混乱してしまうかも知れません。

 

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い分けについて調査してみました。

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い分け

お疲れ様ですという表現には、他の人の労働をねぎらう意味があります。さらに、一緒に作業をした人たち同士が、それぞれをねぎらうために使う場合もありますよ。

 

同僚同士で使ったり、家族が家に帰ってきたときに、感謝の気持ちを込めて使ったり出来ます。

ご苦労様ですという表現は、目上の人が目下の人に使うケースがほとんどです。このご苦労様ですというのは、お手伝いさんが家のためにした仕事に対して使われることがありました。

 

両方とも疲れや苦労という似た言葉が使われていますが、微妙に意味が違うので覚えておきましょう。

どうして使い分けに注意すべき?

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い分けに、どうしてそこまで注意しなくてはいけないのでしょうか。

 

ビジネスマナーというのは、相手を不快にさせないようにするために存在しています。

 

相手とスムーズに仕事をしたり、取引先の人と良い関係を築いて新しい仕事を得たりするために、ビジネスマナーの知識は必要です。

 

上司に対してご苦労様ですと言ってしまうなら、相手を不快にしてしまい、常識を知らない人として評価されてしまいます。取引先の人にもご苦労様と挨拶するなら、信頼されなくなってしまうでしょう。

両方とも使ってはいけないって本当?

正しい日本語という観点から見ると、「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の両方とも、目上の人が目下の人に使う言葉だと言われています。

 

目下の人が、お疲れ様ですと言ったとしても、厳密には問題があるのです。しかし、ビジネスマナーは、相手を不快にさせないためにある点を覚えておきましょう。

 

今の一般的なビジネスシーンでは、お疲れ様ですは目上の人に言っても大丈夫です。相手を不快にさせることは無いですし、秘書検定でも目下の人が使える表現として出題されています。

 

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の違いを理解しておくと、相手を不快にさせることなく挨拶をしていけます。

 

ビジネスマナーは社会人に求められる知識なので、正しく挨拶をして円滑に仕事を進めていきましょう。