挨拶の常識いつでも、だれにでも自分から

基本的なマナー
スポンンサードリンク




人と目を合わせて挨拶をするのが苦手な人は、ビジネスの現場での挨拶のマナーを知っておくことが助けになるでしょう。

 

マナーをちょっと意識するだけで、意外なほど挨拶の習慣は変わっていきます。どんなときに、どのような挨拶をするのが常識なのか調べてみましょう。

スポンサードリンク




自分から挨拶をするのが大切な理由

いつでも、だれにでも自分から挨拶をするのはとても重要なことです。自分から挨拶をすることによって、職場の雰囲気も良くなっていきますし、相手から常識のある人とみられ信頼されます。

 

会社では同僚や顧客など多くの人と接しますので、挨拶をする機会が多くなります。毎回正しい挨拶をしていると、その後のコミュニケーションも上手く進むようになるでしょう。

相手によって使い分ける挨拶

挨拶は、相手によって変わってくることがあります。

 

同じ会社の先輩や上司に会うときには、必ず立ち止まってお辞儀をするようにして下さい。ただ口だけで挨拶をするのは、目上の人に対して敬意が欠けていると判断されてしまいます。

 

クライアントに会うときなどは、お世話になっております、と言った後にお辞儀をして挨拶をしましょう。警備員や宅配便などの業者の方にも、挨拶を忘れないで下さい。

 

おはようございますと声を掛けたり、退社をするときには、お疲れ様ですと挨拶をすると、自分の会社のイメージアップを図れますよ。

シチュエーション別の挨拶

外に出かけるときには、営業に行って参ります、と謙譲語を使うようにしましょう。誰かが外出をするときには、行ってらっしゃい、と声を掛けたり、行ってらっしゃいませと言って挨拶をしたりして下さい。

 

営業から帰ってきたときには、ただいま戻りました、と挨拶をしてから席に着くようにしましょう。退社をするときにも上司など目上の人に、今日はありがとうございました、と挨拶をすると印象が良くなります。

正しい名刺交換の仕方

名刺交換をするときにも挨拶は大切です。相手が顧客であるなら、先にこちらから名刺を渡すようにして下さい。

 

自分の名前を名乗りながら、右手で名刺を渡し、相手の名刺を左手で受け取るようにしましょう。相手が自分の名刺を受け取ったら、両手で相手の名刺を受け取りましょう。

 

名刺交換の時には、自分の方から相手の目を見て、ハッキリとした口調で挨拶をしたいと思います。

 

挨拶の常識はいつでも、だれにでも自分から行なうことです。会社の中から毎日実践できるのが挨拶なので、明日からことあるごとに挨拶を意識していきましょう。