第一印象を左右する名刺交換!スムーズに行うマナーとポイント

電話・名刺交換マナー
スポンンサードリンク




名刺交換はビジネスマンにとって大切なマナーのひとつです。名刺入れ持ち方や名刺入れ向きをマスターしておきましょう。

スポンサードリンク




名刺交換は必ず立って行う事が常識

 

まず、名刺交換は必ず立って行う事が常識です。相手を座って待っていた場合は素早く立ちあがって出迎えます。名刺交換をテーブル越しに行う事はマナー違反になりますので、回り込むなどの配慮をして立ち位置に気をつけなくてはなりません。

 

名刺を差し出す際には、目下の者から社名と名前をフルネームで名乗り軽くお辞儀をします。名刺は胸の位置で持ち、向きは文字が相手の見やすいよう差し出します。自分の名刺の方を見るのではなく相手の目を見ながら自然な笑顔で差し出すようにすると好感度が上がります。

名刺を受け取り方

 

名刺を受け取る際は、「頂戴いたします。」と言いながら必ず両手で受け取ります。相手の名前を失礼が無いようにゆっくりと復唱し、万が一読めない名前であればこのタイミングで確認するようにします。

 

受け取った名刺をすぐにしまったりテーブルに置いたりせずに、その場で軽く名刺に目を通すように心がけましょう。もしも、目上の人が先に名刺を差し出した場合は、「申し遅れました。」とひとこと言ってからすぐに自分の名刺を差し出します。

 

この時、相手が差し出した名刺よりも自分の名刺の位置を低くして差し出すように気をつけることが大切です。そして、目上の人が名刺を受け取った後に目下の人が受け取るようにしなければ失礼にあたりますので気をつけます。

 

この場合起こりがちなケースとして、どちらが先に受け取るかでなかなかお互いに名刺を受け取らないことがありますのでそういった場合、同時に交換する事が一般的です。同時交換の手順としては、名刺入れを枕にして両手で持ち、自分の名刺を右手で差し出し、相手の名刺入れにのせて、同時に左手で相手の名刺を自分の名刺入れの上にのせて受け取るようにします。

名刺を複数の人と交換する場面

 

名刺交換は一対一とは限りません。複数の人との交換を行う場面があります。その場合は、最初の名刺を受け取ったら次の相手との名刺交換をはじめる直前に、最初の相手から受け取った名刺は名刺入れのフタや下に移動させます。

 

この時、名刺入れの上に複数の人の名刺を重ねていくことは失礼にあたりますので避けなければなりません。

 

受け取った名刺を置く場合は、自分から見て左斜め前の位置に置きますが、テーブルの上に直接置いてはいけません。必ず自分の名刺の上に載せるように気をつけます。

 

この時、複数の人との名刺交換の場合に置く位置を迷う事がありますが、役職が一番高い人の名刺を名刺入れの上に載せるようにします。この場合は、他の人の名刺をテーブルの上に置いても失礼にはなりません。並べ方も、役職順ではなく、自分から見た相手の座席の順番に並べるようすれば問題ありません。

名刺をしまうタイミング

 

また、テーブルの上に書類などが広がっていて、名刺を置くスペースがない場合は、軽く一礼をして受け取った名刺をしまうようにします。

 

しかし、基本的には、名刺をしまうタイミングは、その場の雰囲気にあわせて行います。例えば、相手がまだ名刺を出している場合に自分だけ先にしまうのは失礼になりますので、名刺をしまうタイミングにも気をつけなければなりません。

 

名刺交換の後、日にちや相手の特徴を名刺の裏に記入しておくと、次回以降の情報として管理しやすいですが、その場合は必ず本人の前で行わず、相手と別れた後にするようにします。

まとめ

 

このように、名刺交換は細かいマナーがあります。しかし、大切な第一印象を左右する行為ですので、その後の交渉をスムーズに行う為にも重要です。名刺も相手自身と同じように大切に取り扱うことがポイントであり、そういった気持ちを持つことが大切になります。あとは、マナーを身に着けることで相手の心にもきっと伝わるでしょう。