「誠に」と「大変」「申し訳ございません」どう使い分ける?

「誠に」と「大変」「申し訳ございません」どう使い分ける?

ビジネスの世界では、相手に迷惑をかけてしまい、謝罪するケースが多々あります。その際に問題になるのが謝罪時の言葉の使い方です。

 

謝罪時の言葉・表現方法を間違えてしまうと、余計に相手を怒らせてしまうケースもあり注意が必要です。その後の相手との関係も変わってしまいます。

 

謝罪時に使われる表現の代表的な例として「申し訳ございません」があります。その表現を強調する意味で、どの程度申し訳なく思っているかを表現する際に、「誠に」や「大変」という言葉がよく使われています。

 

この2つの言葉の使い分けが結構難しく、違いが分からない人も多いことでしょう。そこで、誠にと大変の違い・使用例について説明します。

誠にと大変の意味と違い

まず、誠にという表現ですが、意味は「本当に、正に」で、うそ、いつわりのない心を表します。

 

一方、大変は「とても、たくさん」など大きさなどの量を表す言葉です。

 

「誠に申し訳ございません」と言った場合の意味は「本当に申し訳ありませんでした」と、誠意のある謝罪の言葉になりますが、「大変申し訳ございません」と言うと「とても申し訳ありませんでした」という意味になり、少し客観的で他人事のような印象を相手に与えてしまいます。

謝罪する時は誠にという言葉を用いた方が良い

そこで、謝罪する時は誠にという言葉を用いた方が良いでしょう。

 

誠にの他の使用例としては、「誠にありがとうございます」や「誠に勝手ではございますが」など謝意の他に感謝の気持ちを強調するのに用いる事も出来ます。

大変という言葉もビジネスシーンでは多々使われる

大変については、誠にと比べて感謝の度合いが落ちるという問題はありますが、使用してはいけないというわけではありません。

 

ビジネスシーンにおいても、大変という言葉は多々使用されています。

 

使用例としては、「遅くなり、大変申し訳ありませんでした」「大変申し訳ありませんが、誰々はただいま席を外しております」など「~で大変申し訳ありません、あるいは、大変申し訳ありませんが~です」という風に表現する事が出来ます。

 

単体で大変申し訳ありませんと言うよりも、他の表現と交えて使用するとあまり違和感がありません。

「誠に」「大変」は上手に使い分けよう

以上の内容をまとめると、誠には相手に対する謝罪や感謝の気持ちを強く表現する事ができ、心のこもった表現をしたい時に用いると効果的です。

 

気持ちを表すという意味では良いのですが、あまり多用しすぎると、わざとらしさや過剰表現になり相手に対する敬意が薄れ、逆効果になる事もありますので注意が必要です。適度に使用するよう心掛けましょう。

 

一方、大変は誠にに比べると気持ちの表現は弱く、謝罪の時などは少し他人事ととられかねません。しかし、他の言葉と交ぜて表現する事により、より強く気持ちを表現する事ができる言葉です。

「誠に」「大変」どちらを使うにしても気持ちが大切

誠に同様、多用し過ぎると逆効果になります。そこで、1つの言葉を繰り返さずに、誠にという言葉と大変という言葉を併用して、謝罪や感謝の意味を伝えてみるのも良いでしょう。

 

冒頭で、誠に申し訳ありませんという言葉を使用したら、末尾で大変申し訳ありませんでしたと締めれば、違和感はありません。

 

最後になりますが、企業が不祥事を起こした際などに、謝罪会見を見ていると、冒頭で謝罪から入る事が多いのが普通です。

 

申し訳ないという気持ちがあるのであれば、誠にと大変どちらを使用するにせよ、最初に申し訳ないという言葉で相手に謝意を伝えるのが適切です。最初に、謝罪もせずに理由から入ってしまうと、人によっては言い訳ばかりして気持ちが伝わらないととられかねません。

 

まずは、相手に対して申し訳なく思っていますという表現をした後で、迷惑をかけてしまった理由などを持ってくると相手も納得して聞いてくれる事が多いでしょう。「誠に」「大変」どちらを使うにしても、気持ちが大切なのは言うまでもありません。