「会社名」に様・・原則は御中だがどうすればいいの

「会社名」に様・・原則は御中だがどうすればいいの

仕事だけでなく、プライベートでも手紙やメールを送るときがあるでしょう。友人同士のメールならあまり気を使う必要はありませんが、仕事上となるといろいろなマナーを守る必要があります。

「様」を使うのが適さない時がある知っていますか?

手紙や相手に対しては敬称をつけて表現するときがありますが、よく使うのが様です。

 

しかし様を使うのが適さない時があるので知っておくと良いかもしれません。それは二重敬語になるときです。

 

ある会社の部長宛てに送るときに何々部長様と書いてしまうかもしれません。この時は何々部長と書くか部長の何々様と書かないといけません。

 

また会社名と個人名の両方に様を書いてしまうときがあります。何々会社の何々さんに対して送るときに、何々会社御中何々様などとしてしまいます。

 

こちらも二つの敬称が使われているので間違いになります。この時は、何々会社の方の御中を省くと良いでしょう。何々会社何々様とすれば敬称が一つになるので見た目もすっきりします。

 

相手に対して敬意を払う意味でつけますが、いくつも書けばいいわけではありません。いくつも書いてしまうと見た目にも悪く、大げさになってしまいます。位置などを工夫して、正しい使い方をしなければいけません。

企業や部署に手紙やメール「様」「御中」

手紙やメールを送るとき、個人ではなく企業や部署などに充てる時、様を使っていいのか御中を使うのかで迷う人もいるでしょう。

 

一般的な使い方としては御中を使うのが正しく、様を使うのは良くないとの考えがあります。ある会社の中の特定の個人に宛てる時はその人の名前の下に様をつけますが、会社本体に送る時には会社に御中をつけるのが正しい使い方とされます。

 

会社だけでなくより小さい部署であったり、会社以外の組織でも基本的には同じ考えで書きます。どちらがいいのか迷うのであれば、御中をかいておけばまず間違いないと言えるでしょう。

 

それぞれの会社によってはビジネスマナーに厳しいところもあります。ダイレクトメールなどの場合、良く使われていなければそれだけで希望の部署に届けてもらえないときもあります。

 

メールなどでも件名に間違った表記をしてしまうとそれだけで削除されるときもあります。一般的に正しいとされる方法を使っていれば、多くの人が納得をして対応してくれます。

 

学生であれば多少許されるときもありますが、社会人になると許されなくなるので、慎重に取り扱う必要があるでしょう。

「会社」「組織」相手に手紙やメール・・・絶対に様を使えない?

では会社等の組織相手に手紙やメールをするときには、絶対に様を使えないかという点ではどうでしょうか。

 

通常は御中を使うとされ、様は間違っているとの認識がありますが、正しい敬称としては様も決して悪いわけではありません。

 

ただ、企業などによっては御中でないといけないとしているところもあるので、御中を使っておけば間違いないと言えます。

 

注意としては、文中などに用いる時に御中や様を使うのは良くない点でしょう。文中では企業名の前に貴をつけ、貴+企業名と言った表記をするのが良いとされます。

 

手紙とメールでは扱いが異なるときもあります。手紙などの文書では従来通りのビジネスマナーで書くのが良いとされますが、メールは簡潔に相手に情報を知らせる目的もあります。

 

相手企業によっては、必ずしも御中や様を用いずに書いたとしてもマナー違反にはなりません。新規の取引を行う取引先などにはつけた方がいいでしょうが、既に取引関係のある会社と日常的な受注のやり取りをするぐらいなら必要ない時もあります。

 

読んでもらいたい気持ちによって変える時もあります。企業全体に対してダイレクトメールなどを送る時には御中などを使います。

 

一方その企業の経営者や特定の担当者に読んでもらいたいときは、様をつけると気持ちを伝えやすくなります。その時々による使い分けを理解しておくといいでしょう。