戒名とは?知っておきたいお葬式の常識

戒名とは?知っておきたいお葬式の常識

普段はあまり信仰について考えたことのない人でも、否応なく宗教というものを意識させられる場面というものが人生にはあります。それが、お葬式です。

 

現在、日本では多くのお葬式が仏式によって執り行われています。その家の菩提寺で読経を上げてもらい、先祖代々のお墓に遺骨を収めます。田舎から上京して一家を構え、実家とは縁の遠くなった世帯であっても、葬儀社に依頼して僧侶を派遣してもらうというのが一般的です。

 

こうした仏式の葬儀の場合、それぞれの宗派ごとに異なるしきたりがあります。しかし中には、宗派を超えて共通するものもあります。その1つが、戒名です。その戒名について、説明していきたいと思います。

戒名ってなに?

戒名とは、亡くなった人に対して付ける「仏さま」としての名前です。位牌にその名を記し、読経の際にもその名を読み込むことであの世へのお見送りをします。ただしこの戒名ですが、もともとは死者のためのものではなく、修行者に対して生前に付けられる名前でした。

 

出家して仏門に入る際、新たに門徒となる者は修業に必要な戒律を授けられます。この儀式を受戒といいます。戒名とは本来、この受戒の際に与えられる名前なのです。つまり仏の弟子となって俗世との交わりを捨てるために、新しい名前を持つという意味合いを持っています。

戒名を付ける風習が定着してきたのはいつごろから

この戒名が故人に与えられる名前として定着するようになったのは、「成仏」という考え方の変化によります。もともと「成仏」とは修業によって悟りを開き、仏陀として覚醒することを指していました。

 

しかしわが国ではいつの頃からか「亡くなること」イコール「あの世で仏の弟子になること」という思想が支配的になってきました。そこで、故人に対して戒名を授けることが一般化してきたのです。なお、現在のように死後に戒名を付ける風習が定着したのは、江戸時代のことです。主に武家の習慣だったものが、徐々に庶民の間にも広まりました。

戒名の相場はいくらぐらい

こうしたいきさつから、戒名は本人の願い出によって高位の僧侶から与えられるという形式をとります。ただし葬儀の際、すでに本人はこの世の人ではありませんから、実際にはその遺族が依頼することになります。

 

そして戒名を授かる代わり、戒名料というものを寺側に納めるのがしきたりとなっています。ただし明確に戒名料として名目化されておらず、お布施として納める総額の中に含まれているケースもあります。

 

戒名の付け方は宗派によって異なり、それに応じて戒名料の額も違います。ただしマスメディア等においてしばしば報道がなされていることから、おおよその相場は分かっています。

 

ちなみに2010年にとある消費者団体が行った調査によると、位号のみの場合でおおよそ30~70万円、院号付きの場合で最低100万円からという結果が出ています。

戒名にもランクがあるの知っていまいした?

このうち位号とは、一般的な戒名である「○○院××居士」あるいは「○○院××大姉」といった名前のうち、「××居士・大姉」に当たる部分で、漢字2字で一律に名付けられます。

 

ただし同じ位号でも、信士→居士→大居士あるいは信女→大姉→清大姉といった具合に名付け方に一種のランクがあり、ランクが上位になるにつれて戒名料の額も高額になります。

戒名も宗門・宗派によって違う

一方、院号とは「○○院」の部分です。本来、院号はそのお寺や社会全体に対して特に大きな貢献をした人に対してのみ与えられるものです。院号の命名に金額の上限は設けられていませんが、お金をたくさん払いさえすれば誰でも高い位の名前が得られるというわけではありません。

 

宗派によってはこの他に道号・阿号といった名が組み合わされることがあります。また、そもそも受戒という儀式そのものを行わないか、あるいは重視しない宗派もあります。そうした宗派では、戒名のことを法名や法号などと呼んでいます。