雛人形を片づけるのが遅れるとお嫁に行けないってほんと??

雛人形を片づけるのが遅れるとお嫁に行けないってほんと??

お正月が過ぎたと思えば、もう桃の節句。雛人形を飾ったりそして、片づけたりといったことが待っていますね。飾るのもなかなか重い腰が上がらないのですが、片づけとなるとさらに上がりません。

 

しかし、「雛人形の片付けが遅れるとお嫁に行けない」っていうのもよく聞きますし、早めに片付けなくちゃいけないのかなと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

素敵な雛まつりにしたいですし、実際はどうなんでしょうか。気になるところです。雛人形を飾り始める時期から片づける時期まで解説していきましょう。

 

雛人形を飾り始める時期

節分が終わると、雛人形はいつ飾ろうかなと思いはじめたりしますが、一体いつから飾るのがよいのでしょうか。雛人形は節分の次の日である立春を過ぎて、2月の中旬頃までに飾るとよいとされています。

 

大安を選んで飾るのもよいですし、春になる節目の日である、雨水に飾るとよいとも言われています。2018年の雨水は2月19日ですが、この日に飾ると良縁に恵まれるとも言われているんです。

 

素敵ですね。ただ雛人形を3月3日の前日に飾る一夜飾りは縁起が悪いとされていますので避けましょう。

 

1年に1度だけ出す雛人形です。せっかくだから、なるべく長く飾りたいというのもよいのではないでしょうか。早めに出してたくさん楽しんでくださいね。

雛人形を片づける時期

飾って節句を楽しんだ雛人形はいつから片づけるのがよいのでしょうか。こちらは啓蟄に片づけるのがよいとされています。

 

2018年は3月6日、雨水の15日後です。だんだんと暖かくなる頃で、冬の間土の中にいた虫たちが目覚めて出てくる頃とされています。

 

この時期までに片付けるのは、お人形の虫食いをなるべく避けるためもあるようです。そして片づけるときになにより大事なことは雛人形をお天気がよい日にしまうことです。

 

数日晴れたような日を選ぶことがベストです。よく晴れた少しでも湿気がない日を選んだ方が、雛人形カビやシミ、虫から守れてずっときれいに保てます。雛人形はいつまでもきれいな状態で飾り続けたいですね。

なぜお嫁に行けないと言われるのか

さて長くなりましたが、なぜお嫁に行けないと言われているのでしょうか。こちらは最近は迷信と言われているようです。しかし、なるべく良縁に恵まれて欲しいと願うのも親心です。

 

一説には出したものはしっかり片づけるというしつけの意味があるようです。確かに片づけができた方がいいですね。お嫁に行けないよ!なんて昔の人たちは叱ったりしたのかもしれませんね。

 

さらには先ほども述べたように、雛人形へのカビやしみ、虫食いをなるべく避ける意味もあります。だんだんと日差しも強くなってきますから、早く片づけることで大切な雛人形を色あせないようにすることも大切です。

 

そしてもうひとつ、雛人形は厄を引き受けてくれるという意味があるわけですが、せっかく飾って厄を雛人形に持っていってもらったのにいつまでも長く飾ることで厄が女の子に戻って来るという考え方もあるようです。

 

それは避けたいですね。早めに片づけようと思えます。

季節の行事っていいな

「お嫁に行けないよ!」と話すと、子どもたちはきっと「なぜお嫁にいけないの?」と尋ねてくると思います。

 

お嫁に行けないという話から、こういったなぜ早めに片づける必要があるのかといったことや雛人形を大切にすること、雛人形に込められた想い、そして二十四節季気のことなど、どんどん話がひろがりますね。

 

子どもの健やかな成長を願いながら雛人形を飾り、そしてお片づけもする。とても心に残るよい思い出になりますね。今年も雛まつりが雛人形とともに素敵な時間となるといいですね。