格式の高い花嫁衣裳「白無垢」に込められた意味

格式の高い花嫁衣裳「白無垢」に込められた意味

結婚式は人生の節目として、新しい人生の第一歩を踏み出す門出です。最近では、伝統的な日本の「和」を大事にする和装で挙式を行うカップルも増えてきています。

 

和装での挙式は花嫁が白無垢に綿帽子姿で式に臨みます。当たり前のようにその姿を目にしていますが、婚礼における「白無垢」が持つ意味は意外と知られていません。現代では「白」を基調とした花嫁衣装は「清廉潔白」「嫁ぎ先の色に染まる」という説もありますが、さらに掘り下げた深い意味もあります。

和装の結婚式の花嫁衣裳には大きく分けて3つの種類

和装の結婚式の花嫁衣裳には「白無垢」「色打掛」「引き振袖」と大きく分けて3つの種類があります。

 

その中でも最も格式が高い花嫁衣裳が「白無垢」とされ挙式の時にのみ着用されます。また、「白」「赤」「黒」が婚礼における3原色といわれています。

 

「白」は、清浄、潔白、嫁ぎ先の家風に染まる、「赤」は、情熱、一生懸命お仕えする、「黒」は、嫁いだ後に他の色に染まらないという意味を持ちます。

白無垢のはじまりと意味

白無垢は、打掛や打掛の下にきる振袖の掛下だけでなく頭から足の爪先まで全身に白色を纏う衣装です。婚礼衣装としての白無垢は室町時代にはじまったとされていますが、日本では古来より麻の葉の模様が厄除けに使われるなど、色や模様に意味があると考えられていました。

 

白色は神聖な色として、生まれた時の産着や亡くなった人の死装束にも白色が使われています。そして花嫁衣裳の白は「この世のものではない」という意味があります。

 

和装の花嫁衣装は白無垢に綿帽子という姿が一般的です。綿帽子は文金高島田の上から被る白い袋状の帽子です。もともとは武家の女性が防寒具や外出着として用いられていたものですが、婚礼においては「新郎以外に顔を見られないようにする」という意味もあります。

「綿帽子」意外にも「角隠し」の場合もある

また、文金高島田に結われた髪の上に白い帯状の布をつける「角隠し」の場合もあります。角隠しは江戸時代の良家の女性が、簪の端を隠すためにつけたのが始まりとされ明治時代から一般にも広まりました。

 

「角」は鬼を象徴するもので、鬼を隠して従順な妻になるということを示すという説、鬼をこの世ではない「あの世」を象徴しているという説があります。そのため、花嫁衣裳の白は「この世のものではない」といわれ、生まれた家の人間として一度死んで生まれ変わり、嫁ぎ先で生きていくということを表しています。

白無垢で挙式を行ったあと赤い打掛のお色直しの深い意味

白無垢で挙式を行ったあとは、綿帽子や角隠しを外して赤い打掛にお色直しをしますが、赤い打掛にも深い意味があります。

 

挙式の時の角隠しを外すのは、角がなくなるということで生まれ変わりを意味します。また、色打掛の赤色は血の色でもあり生まれ変わりを象徴する色です。

 

和装の結婚式の衣裳が白無垢から赤い打掛にお色直しをする意味はここにあります。生まれた家で一度死んで、嫁ぎ先でも鬼のままではうまくいきません。新たに血を入れ生まれ変わり嫁ぎ先で生きていく、死んだつもりで嫁ぐという決意を示すものが白無垢です。

 

花嫁ならではの引き振袖は、お引き摺りとも呼ばれ振袖の裾を引いた振袖です。江戸時代の武家の婚礼衣装用いられた正式な和装の花嫁衣装です。引き振袖は一般的な振袖と違い、黒引きと呼ばれる黒地の引き振袖のことを指します。

白無垢の持つ意味のまとめ

結婚は人生において大事な儀式です。白無垢の持つ意味は、現代においては重く感じる方も多いでしょう。しかし、結婚は現代でも住む場所や姓が変わるなどの環境や人間関係も大きく変わるものです。

 

婚礼の3原色を用いた「白無垢」「色打掛」「引き振袖」は、それぞれ意味を持ち合わせています。花嫁衣装に込められた意味や願いを知っていると、花嫁衣裳を選ぶ時の気持ちも変わってくるのではないでしょうか?