こんなにあった!二日酔いを防ぐ食べ物や飲み物

基本的なマナー
スポンンサードリンク




仕事の付き合いで飲み過ぎて、翌日二日酔いに苦しむことはありませんか?二日酔いは仕事にも影響して職場に迷惑をかけてしまうこともあるので気を付けなければなりません。

 

辛い二日酔いは、食べ物や飲み物で予防したり緩和したりすることができます。

スポンサードリンク




アルコール摂取前にはヨーグルトを

 

まず二日酔いを防ぐためにアルコールを摂取する前に食べておくと良いのが、ヨーグルトです。ヨーグルトは腸内環境を整えてくれるので、体内の不純物を排出しやすくしてくれます。

 

飲酒により肝臓の働きが悪化しないようにするために、ヨーグルトを取り入れてみましょう。ヨーグルトと同じく乳製品である牛乳も、胃に膜を作ってくれるので二日酔いになりにくいという説もあります。

意外に効果があるゴマ油やオリーブオイル

 

そのほかにも事前に食べておきたいものとして、ゴマ油やオリーブオイルなどの脂肪も有効とされています。脂肪を摂っておくと、アルコールが胃に吸収されやすくなるのです。

 

とはいえなかなかゴマ油やオリーブオイルとそのまま食べるのは抵抗があるものです。おすすめの摂取法として、ゴマ油を使って焼いた餃子を食べてからお酒を飲むのも、酔いにくくなります。

飲み会の前にはトマトジュースも有効

 

飲み会の前に、トマトジュースを飲んでおくのもひとつの予防対策です。二日酔いの原因としてアセトアルデヒドという成分が関係していると考えられていますが、トマトに含まれるリコピンには血中のアルコール濃度が下がると共にアルコールの代謝が促進されます。

 

トマトをそのまま食べるのも勿論良いですが、トマトジュースのほうが水分補給もできますし体内吸収が良くなります。トマトジュースを飲むことでアルコールが体内に残りにくくなり、二日酔いを防ぐことができるでしょう。

お酒を飲んだ後に是非食べたいフルーツや梅干し

 

お酒を飲んだ後に食べると良い食材が、フルーツです。二日酔いにならないためには肝機能の働きを活性化させる必要があり、そのために役立つ成分がビタミンCやビタミンB群、さらにクエン酸や果糖類です。

 

こうした成分を多く含んでいるのが、りんごやグレープフルーツといったフルーツであり、水分も多く含む点も二日酔い予防につながります。お酒を飲んだ後に気分が悪くて食欲がなくとも、さっぱりしたフルーツであれば食べやすいというメリットもあるでしょう。もしくはグレープフルーツジュースなどのフルーツジュースを飲むのも良い対策です。

 

クエン酸を摂取するには、梅干しを食べる手もあります。酎ハイなどを飲む際にも梅干しが入ったものを頼むことで酔いが緩和されます。

なんといってもしじみは二日酔い予防に欠かせません

 

そのほかにも肝機能の働きを活発にしてくれるおすすめの食べ物に、しじみが挙げられます。お酒を飲み過ぎたときには、しじみの味噌汁を飲むようにしましょう。

 

しじみにはオルチニンと呼ばれる成分が含まれていて肝機能を保護してくれますし、グルタミンの働きでアルコールの代謝も促進されます。味噌汁にして飲むのがおすすめの理由としては、味噌に含まれるコリンや塩分やミネラル成分も肝臓の働きを助けてくれるからです。

 

二日酔いを防ぐために味噌汁は有効ですが、しじみのほかにも是非入れたい具材が豆腐です。マグネシウムなどのミネラル成分が豆腐には豊富なので、お酒を飲み過ぎたときに不足してしまうミネラルも補うことができます。

 

栄養不足も体調悪化につながるので、豆腐を食べて栄養補給をすることで二日酔いも緩和できるでしょう。できればしじみと豆腐のどちらも入った味噌汁を飲んで、健康管理に努めたいものです。

 

このように、二日酔いの予防につながる食べ物や飲み物はいろいろとあります。忘年会や新年会など飲む機会が増える時期には、二日酔い予防になる食材を摂取して仕事や日常生活の妨げにならないようにしたいものです。