フケがある人は嫌われるフケの原因と対策

フケがある人は嫌われるフケの原因と対策

ビジネスシーンでフケだらけの人を見ると、残念な気持ちになりますよね。本人に悪気が全くなかったとしても、やはり汚い人は嫌われてしまいます。

 

不潔というのはビジネスマナーとして失格です。もしその人が営業マンだった場合は、お客さんから見た時にフケが多いというそれだけで、汚い印象を与えてしまって大きなマイナスポイントになります。

 

ビジネスシーンでは清潔さが重要なので、フケの対策は必須です。完璧は無理としても、できる限り綺麗な姿で仕事したいですよね。それが本人にも周りの人にとっても最低限のマナーといえます。

 

しかしそもそも、フケの原因はなんでしょうか。意外と知られていないと思います。フケを治して対策したくても、原因が分からないと対策しにくいですよね。そこで、フケの原因と対策についてお話しします。

フケの原因には4つ

 

フケの原因には4つあります。

原因1

 

1つ目は、頭皮の乾燥です。歳を取ると顔のシワが増えるように、肌の一部である頭皮からもセラミドやコラーゲンが減っていき、40代以降は特に乾燥しやすくなってきます。

 

季節的な要因もあるので、冬の時期は乾燥しやすいです。また夏場の直射日光も、紫外線によって頭皮を乾燥させます。この乾燥が続くと、頭皮の水分が減り、表面の角質層が剥がれてフケになります。頭のかゆみは、角質層が剥がれた敏感肌になった状態が理由に挙げられます。

原因2

 

2つ目は、菌の増加です。人の肌や頭皮には常在菌があります。マラセチア菌というものがニキビの原因菌といわれているカビの一種ですが、この菌が皮脂や湿度を好物としていて、このカビが頭皮で増えすぎると、頭皮の新陳代謝が急速に加速され、頭皮の細胞片がまだ出来上がっていない状態からフケとして剥がれ落ちてしまいます。

 

さらに地肌が炎症して痒みを発生させます。この菌が増える原因として挙げられるのが、ストレスや暴飲暴食、油っぽい食事、睡眠不足などが理由になります。

原因3

3つめは、感染症です。アタマジラミというシラミは、頭皮に寄生して頭皮から血を吸い、かゆみや炎症を発生させます。海外旅行から持ち帰った人がいて、そこから流行するケースがあります。

 

予防としては、寝具やブラシ、タオルなどは人と共有しないなどの方法が考えられます。

原因4

4つ目は、ストレスです。人はストレスを抱えると緊張状態で汗をかきやすくなります。そして不規則な食生活や睡眠不足も頭皮の肌荒れを起こします。

 

フケやかゆみが起こりやすくなり、不足した潤いを別のもので補うため皮脂が分泌され、汗と皮脂で頭が臭うという現象が発生します。

フケやかゆみを解消する方法

パラパラと落ちてくるフケは、乾燥フケです。乾燥フケの対策としては、シャンプーに重曹を混ぜたり、低刺激のものに変えたり、洗い方と頻度を見直すことがオススメです。

 

さらにコンディショナーやローションを使うと効果的です。また肌や粘膜の乾燥と老化を防ぐビタミンAとビタミンEの摂取を増やすことを推奨します。室内に加湿器がある場合は、湿度を上げるために加湿器をたくのも効果的です。

マラセチア菌が原因の場合

マラセチア菌が原因の場合は、シャンプーに重曹を混ぜたり、低刺激なものに変えること、髪の洗い方と洗う頻度の見直しが同じように有効です。

 

そして乾燥の場合と違うのが、シャンプー後にしっかりとドライヤーで乾かすことが効果的です。そしてヘアケアなどの商品は、頭皮が回復するまで使わないほうが無難です。そしてストレスが一つの原因になるので、ストレスを溜めないこどが大切です。

 

食生活も見直して、塩分の多いものや油の多いもの、お肉や香辛料を控えることが正解です。ストレスと暴飲暴食とフケやかゆみというのは基本的にリンクしています。

 

頭皮のケアをして、規則正しくヘルシーな食生活をして、健康的で清潔感溢れ人に好かれる素敵なビジネスマンとして、毎日を頑張りましょう。