大事な時に失敗しないために!フォーマルな場での服装について

大事な時に失敗しないために!フォーマルな場での服装について

フォーマルな場、というとまず思い浮かぶのは結婚式ではないでしょうか。結婚式の招待状には「平服でお越しください」と書かれていることも少なくありません。

 

しかし、こうした場合の”平服”とは、文字通りのカジュアルな服装という意味ではなく、ドレスコードを守った服装、ということです。では、具体的にはどのような服装が正しい結婚式のドレスコードなのでしょうか。

女性の場合の正式な礼服とは

まず正式な礼服について言えば、女性の場合、昼間はアフタヌーンドレス、夜間はイブニングドレスとなります。しかし結婚式の場合、これらは主役である花嫁の服装です。

 

そのため招待されるゲストは、一つランクを落とした準礼装、あるいは略装が正しいドレスコードとなります。昼間ならセミアフタヌーンドレス、夜間は丈の短いカクテルドレスかディナードレスです。セミアフタヌーンドレスの場合、肌の露出を抑えるため、ショールなどを着けるのがよりベターです。

男性の場合の正式な礼服とは

男性の正式な礼服は昼間はモーニングコート、夜は燕尾服かタキシードになります。こちらも招待されるゲストの場合はランクを落とし、ブラックスーツかダークスーツを着るのが常識です。

 

こうしたドレスコードの意味は、主役である新郎新婦と双方のご両親を盛り立てることにあります。そのため、服装で心掛けるべきことはスタイルだけではありません。

女性の場合の結婚式の服装は

まず、女性の場合白や、白っぽく見える色合いは避ける必要があります。白は花嫁衣裳の色なので、花嫁が目立たなくなるような色はNGです。

 

同じ意味で、ボレロやショールなどの上着も白系は避けなくてはいけません。例え内側に濃い色合いのものを着ていても、着席したときに白が目立ってしまうためです。

 

2色で染め分けされているデザインのものも「別れる」を連想させるため避ける必要があります。黒は上品な印象を与え、どんな年齢の女性にも似合う色ですが、結婚式のような慶事では不吉なイメージを与えないように考えなくてはいけません。

 

レースなど華やかな素材のものにする、アクセサリーでアクセントをつける、ショールを明るい色合いにするといった工夫をしましょう。

 

このほかには、できればの範囲ですが、お色直しのドレスにも気をつかいたいところです。もし花嫁が親しい人なら、あらかじめドレスの色について聞いておくと良いでしょう。

 

靴はクローズトゥのパンプス、ヒールは低めで細いものが無難です。ストッキングは必ず着用し、肌色のものを選びましょう。また、小物も含め、革製品、毛皮、アニマル柄は殺生を連想させるため厳禁となります。

 

着物の場合は、未婚のゲストは中振袖にし、抑えた色合いのものにするのが礼儀です。無難なのは色味を抑えた訪問着になります。

男性の場合の結婚式の服装は

男性の服装は、スーツはブラック、もしくは濃い紺色や深いグレーで、シャツは純白のレギュラーカラーです。ネクタイは白やホワイトシルバーなど、明るい色合いのものを選びます。

 

ボウタイは夜の礼装にあたるため、昼間の結婚式では避けたほうが良いものです。体のサイズに合った仕立てのもので、しわや汚れ、着古し感のないものを選び、清潔感を感じさせる服装を心がけましょう。

 

靴はストレートチップの革靴、色は黒が基本ですが、新郎新婦と親しい間柄の場合は品の良いものなら茶系でも構いません。ただし、殺生の連想を避けるためワニ革などはNGです。しっかり磨かれた、使い古し感のないものを着用しましょう。

 

男性の場合はとにかくシンプルで清潔感があること、生地や仕立てが良いものであることが周囲に好印象を与えます。礼装をまだお持ちでない方は、出席を機会に、一着仕立てられたほうが良いでしょう。

 

フォーマルな場でのドレスコードを守ることは、ホストへの礼儀であるとともに、常識を備えた大人としての教養を示すものです。他の出席者から好感を持たれるよう、気配りの行き届いた服装を心がけてください。