電話を掛けてはいけない時間とは?正しいマナーを身につける!

電話・名刺交換マナー
スポンンサードリンク




電話を掛ける時間として、一般的に、早朝や夜間、お昼の時間を避けるなどがマナーとされています。しかし、その通りにすることが常に正解だとは限りません。

 

なぜなら、特定の時間を避けるのは、「相手にとって迷惑にならない時間に電話をする」という目的のもとで行われているマナーだからです。したがって、相手のスケジュールがある程度分かっている場合には、それに合わせるのが正解と言えます。

スポンサードリンク




相手にとって迷惑にならない時間に電話すれば問題ない

お昼の時間を例にとると、一般的に12時から13時を休憩時間としている企業が多いので、その時間は避けるべきとされています。また、休憩に入る直前に電話をするのも、相手が休憩に入るタイミングを奪いかねないので、控えるのが無難でしょう。

 

しかし、休憩時間の取り方には、会社によって差があります。一斉に昼休みを取る場合もあれば、交代で休みを取る場合もあるでしょう。

 

もし、電話先の相手が例えば14時から15時までの間に休憩を取ると分かっているのであれば、避けるべきはその時間帯です。逆に、一般的な昼休みに過ぎない12時から13時については、電話を掛けても問題ないと言えます。

早朝や夜間といった時間帯についても同様

お昼以外の、早朝や夜間といった時間帯についても同様のことが言えます。早朝や夜間に電話をしない方が良いというのは、あくまでも「一般的に仕事をしている時間ではないから」という理由からです。

 

そのため、相手の就業時間に合わせて、その範囲内で電話を掛けるのが正しいと言えます。したがって、もし時短勤務をしている人に電話をするのであれば、必然的に電話をかけて良い時間帯も短くなります。また、時差がある場合などは、相手側と自分側との勤務時間が重なるタイミングを考える必要があります。

スケジュールが分かなければ一般的な勤務時間に電話するのが無難

もちろん、電話の相手全てについてスケジュールが分かるわけではありません。よく知らない相手に連絡するのであれば、一般的な勤務時間に則って、9時から12時、13時から18時といった時間帯に電話を掛けるのが無難です。

 

やり取りを繰り返す中で、相手のことが分かってきたら、それに合わせて調整していくと良いでしょう。

緊急時はマナーに反する時間帯であっても電話を掛けて構わない

ただ、意識に留めておきたいのが、電話を掛ける時間帯についてのマナーは、絶対的なルールではないということです。緊急時には、少々マナーに反する時間帯であっても電話を掛けて構わないと言えます。

 

特に、急いで知らせることが相手の利になる場合や、報告が遅れると取り返しの付かない事態になるような場合は、とにかく迅速に連絡を取ることを最優先にすべきでしょう。

 

こうした場合に、「マナー違反になるから」と電話を遅らせるのは、社会人として正しい行動とは言えません。相手が不在と分かっている時間帯であっても、伝言を頼むなどして連絡を取る努力をすべきでしょう。

マナーを遵守すべき急ぎの電話は

一方で、「急いで連絡を取らなければならない」理由が自分の側にしかない場合は、やはりマナーを遵守すべきと言えます。

 

例えば、ある書類をもらい忘れていて、手続きが進められない場合などが考えられます。こうした場合に、急ぎだからといって時間外に電話を掛けてしまうと、相手は「悪いのはそちらなのに、なぜプライベートを妨げられなければならないのか」と、不快感を覚えるかもしれません。

 

この線引きは微妙なところかもしれませんが、自分が電話を掛けられる側だったらどう感じるだろうか、ということを考えると分かりやすいでしょう。もちろん、連絡を急ぐ必要性について判断が難しい場合は、上司や先輩などに確認することも大切です。

 

 

マナーを守る最大の目的は、相手に良い印象を与えることにあります。どのようにするのが相手にとって望ましいのかを意識すれば、判断に迷うような場面でも、正しい行動がとりやすくなるはずです。