「段取り八分仕事二分」由来・意味できる男はここが違う

ビジネススキル
スポンンサードリンク




仕事が出来る人というのは、段取り八分仕事二分を実践しています。

 

ビジネスの現場でライバル達に差をつけたと時には、段取り八分仕事二分をしてみるだけで仕事の成果が大きく変わってくるでしょう。

 

段取り八分仕事二分にはどんな意味があって、どのように実践できるのか紹介します。

スポンサードリンク




段取り八分仕事二分の意味とは?

段取りというのは、歌舞伎の世界で使われていた言葉のようです。お芝居の幕と幕の間の区切りの事を段と呼んでいて、お芝居の流れや構成のことを段取りと呼んでいました。

 

良いお芝居をするには、事前の準備や打ち合わせが大切なことを表す表現となっています。段取りをしっかりとしておくなら、仕事は8割方終わったも同然であるという意味があります。

仕事の目的をハッキリさせよう

段取り八分仕事二分を実践するには、仕事の目的をまず理解しておく所からスタートします。仕事の目的が分かっていれば、その後にどんな準備をしていくべきかが見えてきます。

 

目的を分かっている人と、分かっていない人の企画書というのは仕上がりが全く変わってきます。

 

例えば、新商品の認知度を上げる企画書を作るのか、新商品の販促のための企画書を作るのかなどの様に、仕事の目的を考えて下さい。

目標を設けよう

準備を始めるときには最終目標と、最終目標を達成するまでの小目標を定めましょう。何人かで仕事を進めるときには、最終目標や小目標を共有すると、仕事の効率は良くなっていきます。

 

小目標があると、達成感を感じながら仕事を進められ、モチベーションを高く保てます。現時点で自分がどこにいるのかが分かるので、慌てずに仕事に取り組んでいけます。

今までの経験を活かそう

段取りの仕方に慣れてきたら、今までの段取りの経験を活かし、さらに効率の良い準備が出来るようにしていきましょう。

 

もし段取りの時間が短くなると、それだけ全体の作業がスピードアップしますので、仕事のレベルも上がってきますよ。

 

段取りをするときに、前回の経験を思い出すのも良い方法です。前回の仕事の経験を思い出すと、教訓を活かして優先順位を調整したり出来ます。

 

同じようなミスをするのではなく、今までよりも質の高い仕事が出来るようになって行くでしょう。問題が発生しても柔軟に対応していけるので、同僚や上司からの信頼も得られます。

 

段取り八分仕事二分を毎日の仕事で実践すると、レベルの高い仕事を安定して行なっていけます。事前の準備を丁寧にすることによって、効率よく仕事をしていきましょう。