YOUNA

慶弔マナー

出産祝いを渡すタイミングと金額の相場

会社の人に出産祝いを送る時の金額には相場があります。またお祝いを渡す時期にも注意してお祝いしましょう。まず押さえておきたいのはお祝いを渡すタイミングです。あたりまえですが、お祝いを渡すのは出産の知らせを聞いた後にしましょう。出産が無事終わり、母子ともに健康であることを確認して用意することが基本となります。ベストなタイミングとしては赤ちゃんが生まれてから、7日後から1か月後くらいの時期に贈ることです。
冠婚葬祭

結婚式の招待状、アレルギーありの返信の仕方

最近の結婚式の招待状では、アレルギーについての有無を記入する欄がみられますね。食物アレルギーを持つ人は、年々増えており、ひどい場合はアレルゲンとなる食材を一口取り入れるだけで、アナフィラキシーショックを発生するなんてこともあります。アレルギーがない人には、なんでもないことでも、ある人にとっては、湿疹や蕁麻疹が起こったり、体中が拒否反応を示します。
基本的なマナー

いざという時困らないために!新札の交換方法

大人になるにつれて新札が必要になる場面が多々あります。結婚式のご祝儀やお年玉はもちろんですが、習い事の月謝にも新札を準備することもあるでしょう。新札に交換する方法で一般的なのは銀行です。窓口でも9~15時の間なら用紙に必要事項を記入しお札と一緒に出せば新札に交換してくれます。
ビジネスメール

感謝の気持ちが伝わるメールの書き方~上司にご馳走になった時~

ビジネスのシーンでは、上司や先輩と食事をともにする機会があります。その中でご馳走になってしまうこともあるでしょう。上司は年上だから、あるいは、男性の上司が女性にご馳走するのは当たり前、そのような態度では社会人としても人としても失格です。ご馳走になった時には、まずその場できちんとお礼を述べましょう。
ビジネスメール

「社長様」は正しい敬称?社長宛てにメールを送るときの書き方

初めて社長宛にメールを送るとき、迷ってしまうのが「敬称」についてです。敬称はどの部分にどのように付ければいいのでしょうか。はたまた、つけなくていいものなのでしょうか。そもそも、つける敬称は「様」でいいのでしょうか。考えれば考えるほど、何が正解なのかわからなくなってきます。そこで今回は、社長宛にメールを送る際の正しい書き方をご紹介します。
ビジネスシーン・文書

ビジネスマナーの基本中の基本「行」を消して「御中」の宛名を書く場合の消し方

書類のやり取りはビジネスでは欠かせません。書類の顔ともいえる封筒には様々な意味が込められていて時には、宛名書きのミスが相手側の怒りをかってしまうほどの失礼にあたる場合もあります。個人という誰かに又は企業にあてた手紙なのかよく考えた上で封筒の宛名書き部分を注視しなければなりません。
ビジネスシーン・文書

「様?御中?」宛名の使い分けで恥ずかしい思いをしないために

手書きで便箋に書いて封書で送っても、パソコンで入力して電子メールで送っても、変わらないのは宛名につける敬称に関するマナーです。目上の方に送る場合、仕事の関係者に送る場合等、きちんと「様」、「殿」などの使い分けはできているでしょうか。文書を送った後に「しまった」と恥ずかしい思いをしないために使い分けをきちんと理解しておきましょう。
ビジネスシーン・文書

これさえ知っておけば失敗しない!ビジネスにおける返事の使い方

社会人としての身に付けておかなくてはいけないビジネスマナーの一つに言葉遣いがあります。ビジネスにおける言葉遣いは自分自身の常識はもちろんのこと、話す相手によっては会社のイメージを左右することもある重要なものです。そういった点からも、日常で友人や家族のような親しい間柄の人に対しての言葉とは違うビジネス用語としてしっかりと使い分けなくてはいけません。
電話・名刺交換マナー

相手が見えないからこそ気をつけたい!電話ビジネスマナー

電話は相手が見えないからこそ、切り方ひとつでも本人や会社のイメージがガラッと変わってしまいます。しかし、逆に言うと相手が見えないからこそ、切り方ひとつにしても、とても丁寧に行うことによりイメージをグンとアップさせることが出来るとも考えられま...
電話・名刺交換マナー

電話を掛けてはいけない時間とは?正しいマナーを身につける!

電話を掛ける時間として、一般的に、早朝や夜間、お昼の時間を避けるなどがマナーとされています。しかし、その通りにすることが常に正解だとは限りません。なぜなら、特定の時間を避けるのは、「相手にとって迷惑にならない時間に電話をする」という目的のもとで行われているマナーだからです。したがって、相手のスケジュールがある程度分かっている場合には、それに合わせるのが正解と言えます。